去就が注目されるMFコウチーニョとFWネイマール

写真拡大

 リバプールMFコウチーニョのバルセロナ移籍について、ユルゲン・クロップ監督がオファーを拒否する姿勢を貫いている。『スカイスポーツ』が報じた。

 バルセロナはかねてからコウチーニョ獲得に強い関心を寄せていた。そしてFWネイマールのパリSG移籍が秒読み段階に入っていると報じられる中で、コウチーニョ獲得に再び力を入れることになりそうだが、そう話は上手くいかないようだ。

 リバプールはすでに一度、獲得オファーに断りを入れている。それでも食いさがるバルサは7200万ポンド(約104億円)で再オファーを提示。コウチーニョとクラブは個人合意に達したとの報道もあるが、『スカイ』クロップ監督は断固として拒否する姿勢を貫いており、クラブ間合意は難しいとみている。


●欧州移籍情報2017-18

●プレミアリーグ2017-18特集