ジェットスター・アジア航空は、11月17日より、沖縄/那覇〜シンガポール線を週3便開設する。

沖縄/那覇発、シンガポール発ともに月・金・日曜の週3便を運航する。片道運賃は10,200円から。機材はエアバスA320型機を使用する。所要時間は5時間10分となる。

ジェットスター・アジア航空は2014年より、沖縄/那覇〜シンガポール線でチャーター便を運航している。ジェットスターカスタマーパネルで、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、日本の4カ国35,000人にアンケート調査を行った結果、沖縄が最も人気の高い旅行先となったという。

ジェットスター・アジア航空のバラタン・パスパティ最高経営責任者(CEO)は、「2014年のチャーター便運航の成功を受け、ジェットスター・アジア航空では2つの都市を結ぶ新たな定期直行便を開設するにあたり、沖縄県庁と緊密に連携してきました。日本からシンガポールには年間約79万人が訪れる一方、シンガポール人にとって人気が

高い旅行先の一つである日本には、シンガポールからは年間36万人以上が訪れています。5年前、当社がシンガポールから台北とマニラ経由で大阪(関西)に就航以来、アジア太平洋地域内で大阪は急速に人気の旅行先となりました。沖縄はお客様からの人気が圧倒的に高く、新たな路線を低運賃で提供するのは双方の都市に大きなインパクトを与えると考えています。今回、唯一のLCCとして沖縄とシンガポールを結ぶ当路線の開設を、沖縄県の『観光の日』である本日発表することを嬉しく思います。」とコメントした。

きょう8月1日午前11時より航空券の発売を開始しており、あす8月2日午前10時から片道2,998円からのセールを開催する。

■ダイヤ

3K792 沖縄/那覇(09:30)〜シンガポール(13:40)/月・金・日

3K791 シンガポール(02:20)〜沖縄/那覇(08:30)/月・金・日