ザイマックスとSGリアルティは共同で、新大阪駅近くでホテルの運営を行う。

地上24階建てで客室数398室、地上約95メートルの高層タワーホテル「karaksa hotel Shin-Osaka Premier(仮称)」を2019年度末に開業する。主にツインルームを基本とし、様々な宿泊者にニーズに応える客室を備える。大浴場のほか、一部の客室にはビューバスも設けるなど、ホテル内で寛ぐことができる設備も整える。大型バスが乗り入れできる車寄せも設置する。場所は新大阪駅から徒歩4分。

ホテル事業に参入し運営規模を拡大中であるザイマックスと、不動産投資用途の拡大を目指すSGリアルティの双方の戦略が合致したことにより取り組むプロジェクトで、SGホールディングスグループが保有する土地でSGRがホテルを開発し、ザイマックスグループで運営を行う。