@AUTOCAR

写真拡大 (全12枚)

RS5スポーツバック M3を意識か

すでに試乗記をお届けしたRS5の4ドアクーペ版のテストがはじまったようだ。名前は「RS5スポーツバック」になるだろう。

エンジンは、ポルシェと共同開発した2.9ℓユニット。8速ATを介して、61.2kg-mのトルクが4輪に伝わるはずだ。

2ドアクーペのRS5にくらべると車重がわずかに増すことは容易に想像できる。したがって0-100km/h加速タイムも、3.9秒よりわずかに長くなるはず。

いずれにしても、4ドアのBMW M3の4.3秒という記録はかなり意識してくるはずである。

RS5スポーツバック 公開は18年ジュネーブか

いまはS5のエンブレムをつけて偽装しているものの、S5にくらべるとフェンダーはよりマッシブなものとなり、テールパイプも大径のオーバルになるはず。

インテリアは2ドアクーペのRS5とほとんど変わらないに違いない。アウディ自慢の「バーチャル・コックピット」が標準で備わるほか、アルカンターラとレザーをふんだんに使うことも、かんたんに想像できる。

アウディは、この「RS5スポーツバック」について、あくまで慎重な姿勢をとっているものの、デビューは2018年3月のジュネーブ・モーターショーになるとAUTOCARは考える。

価格帯は、2ドアクーペのRS5が掲げる£62,900(918万円)より、すこし高くなるはずだ。