深田恭子の健康美スタイルの源。ドラマ現場で必ず履いているものって...?

写真拡大 (全4枚)

仕事で失敗したり、人間関係に疲れたり...。

生きていると心が疲れてしまうことだってあります。

そんなときに必要なのは、負担を溜めこまずにリカバリーすること。素早く癒してあげることで、少しでも早く心が前を向けるのです。

深田恭子さんがSKINSのアンバサダーに就任

それは、体だって一緒。

そして、体のそれぞれの位置に合わせた着圧によって、体の負担をリカバリーし、優れたパフォーマンスを引き出してくれるのが、コンプレッションウェアブランド「SKINS(スキンズ)」です。

今回、「SKINS」のアンバサダーに就任したのは、女優・深田恭子さん。

20170801_skins01.jpg

就任にともなって、深田さんがさまざまなSKINSの商品を身につけたイメージ写真が公開されました。

実際に着てみた感想を聞いてみたところ、

「疲れがとれるような感じですね。運動するときだけじゃなくて、ワンピースの下に着たりして普段も愛用しています。洋服からチラッと見えるのもかわいい。とくにハーフタイツは、ドラマの現場でカットがかかるとすぐに履いて、本番がはじまる前にすっと脱いだりして、ちょっとした合間合間に使っています」

と、とても満足している様子。

正しいランニングフォーム。できている"つもり"になっていた

20170801_skins02.jpg

また、撮影時でいちばん印象に残っていることを聞いてみると、

「走るシーンの撮影ですね。自分では正しいフォームで走っているつもりでも、じつはできていなかったので、ご指導いただきながら撮影しました。もともとあまりかっこよく走れなかったんですけど(笑)、自分のフォームを見直すいい機会になりました」

とのこと。

20170801_skins04.jpg

たしかに、ランニングフォームって自分では見られないので、つい正しくやっている"つもり"になってしまいます。

ときには第三者からの意見を聞くことも大切のようです。

華奢なのにしなやか。深田さんのような健康美を近づくためには?

20170801_skins05.jpg

深田さんといえば、「健康美」。

華奢なのに女性らしいしなやかさも兼ね備えているスタイルは、同性から見ても惚れ惚れとするほど。

そんな深田さんに健康のために気を使っていることを聞いてみると、次のように語ってくれました。

「食事や睡眠、体を動かすことは、基本的なことですけどいちばん大切にしています。やっぱり健康がすべてにつながると思うので。冬からルームランナーでのランニングを始めました。25分以上走るようにしています。最近はちょっとサボっちゃってたけど...(笑)。もう少し涼しくなったら、外を走りたいなと思います」

健康的なスタイルのためには、食事、睡眠、運動といった基本がいちばん大切。それは、深田さんの健康美を見ればまちがいないようです。

2017年も残り半分をすぎたいま。心も体もリカバリーをしながら、駆け抜けていきたいと思います。

[SKINS]

撮影・取材/グリッティ編集部

こちらも読まれています

・大きめバストをコンパクトに収めたいなら、ノンワイヤーブラを履く

・水着が似合うお尻ほしい。空手キックでキュッと引き締める

・東京女子の「30歳までに結婚したい」に世界からの処方箋 #sponsored