ミニオン、V2ー!
 - (C) UNIVERSAL STUDIOS

写真拡大

 イルミネーション・スタジオの人気アニメーションシリーズの最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』が、7月31日に興行通信社が発表した土日2日間(7月29〜30日)の全国映画動員ランキングで2週連続首位を獲得した。

 同作の先週末の動員は42万8,199人、興行収入5億2,957万1,000円と前週比88.5%という落ちの少ない興行を展開。累計動員は167万8,493人、累計興収は20億1,666万7,200円と10日間で早くも興収20億円を突破した。これは前作『ミニオンズ』(最終興収52億1,000万円)の公開10日間の興収比112.7%という数字となっており、配給元も「60億円越えを視野にとらえている」としている。

 ユニバーサル・ピクチャーズが過去のモンスター映画をリメイクする超大型プロジェクト「ダーク・ユニバース」シリーズ第1弾にして、トム・クルーズ主演の最新作『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』は全国574スクリーンで公開され、動員22万615人、興収3億1,111万4,800円を記録。東宝東和の作品が1位と2位を占めた。

 住野よるのベストセラー小説を実写映画化した『君の膵臓をたべたい』は動員19万人、興収2億5,200万円をあげ、3位に初登場。観客の男女比はほぼ半々で、年代別では16〜19歳が31.8%、続く20代が23%と若年層が半数を占めるも、40代が13.5%をマークするなど幅広い層に訴求した。鑑賞動機(複数回答可)としては「原作が好き」45.1%、「感動できそう/泣けそう」36.1%、「タイトルに惹かれて」24.8%と内容面でアピールした模様。配給元の東宝は「25億円が狙える」としている。

 世界累計発行部数3,000万部を超える石田スイの人気コミックを実写映画化した『東京喰種 トーキョーグール』が動員16万6,000人、興収2億3,200万円となり、5位に初登場。4位の『銀魂』も好調をキープしており、先週末の成績は17万333人、興収2億3,772万2,900円。17日間の累計動員は173万2,704人、興収23億175万1,400円となった。

 今週末は『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』『トランスフォーマー/最後の騎士王』『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』『すばらしき映画音楽たち』『俺たちポップスター』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2017年7月29〜30日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(1)『怪盗グルーのミニオン大脱走』:2週目
2(初)『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』:1週目
3(初)『君の膵臓をたべたい』:1週目
4(2)『銀魂』:3週目
5(初)『東京喰種 トーキョーグール』:1週目
6(4)『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』:3週目
7(3)『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』:5週目
8(6)『メアリと魔女の花』:4週目
9(5)『カーズ/クロスロード』:3週目
10(7)『忍びの国』:5週目