質問を全スルーして車に乗り込んだ橋本健・神戸市議=神戸市内

写真拡大

 今井絵理子参院議員(33)との不倫疑惑の渦中にある神戸市議の橋本健氏(37)に関して、神戸市議会に1日も引き続き市民からの抗議電話が殺到した。議会事務局によると、週明けの前日7月31日よりも件数が増えたといい、職員が対応に追われた。

 7月31日には、具体的な苦情や抗議電話の件数について「把握できない」としていたが、この日、同事務局は取材に対し、苦情が増加傾向にあることを明かし、週明けの7月31日分を含め、電話だけで100件を超えているという。

 内容は大半が橋本氏に批判的な内容で「辞めさせろ」という厳しい電話も相次いでいるという。

 電話だけでなく、HPに市民の声としても多くの意見が届いており、今井議員との関係について「一線を越えていない」などとする橋本氏の釈明は、市民の理解を得たとは言い難い状況であることが伺える。

 当の橋本氏は1日、自身が院長を務める神戸市内の歯科クリニックに姿を見せた。診察を終えたと思われる午後7時半ごろ、スーツ姿で医院を出た橋本氏は、デイリースポーツなどの直撃取材に、小声で「お話した…」と言いかけたが、そのままタクシーに乗り込んだ。

 その後も「議会に抗議が殺到している」「職を辞する考えは」と質問が投げ掛けられたが、口元に笑みを浮かべたまま、明確な回答はせず。全ての質問をスルーする形で、タクシーに乗り込み立ち去った。