みなさんは「PANTHER(パンサー)」というブランドが日本に存在していたことをご存知でしょうか? いまから50年以上前の1964年、東京オリンピックと時を同じくして誕生したスポーツシューズメーカーです。同ブランドは、足袋(たび)の「機能性」をもとに“軽くて蒸れない”をコンセプトした「パンサーエス」をはじめ、さまざまなプロダクトを市場に投入。その後、履き心地や機能性の高さが評価され、1970年代には全国の“学校指定靴”にも採用されました。

 

そんなパンサーが長い沈黙を破り、復活を遂げたのは2016年のこと。ブランドのアイデンティティを継承しつつ進化を遂げ、「made in JAPAN」の繊細な工程によってあるプロダクトが再生しました。それが今回紹介する「PANTHER DERA(パンサー デラ)」になります。

 

日本が誇る繊細な職人技術で新たな価値を提案!

アッパーには、クラシックな雰囲気を放つナイロンに、現在ではあまり見られない「染色加工」をプラス。また、トゥには深みのある色合いを表現したスウェードを使用しています。

 

インソールにはコンフォート性、通気性、防臭性に優れるオーソライト社製のフットベッドを搭載。クラシックなシルエットはそのままに、都市生活に実用的な機能性を加えています。

 

「ドッグイヤー」と呼ばれるヒールタブを設置することで、スムーズな足入れをサポート。アキレス腱をしっかりと保護してくれます。

 

アウトソールには、軽量性や耐摩耗性に優れた「スポンジソール」を採用することで、トレーニングシューズとしてもバツグンの機能性を発揮してくれます。

 

名作ならではの普遍性を継承しながら、コンテンポラリーなアイデアを注入することで、新たに生まれ変わったパンサー デラでした。クラシックな見た目からは想像もつかない優れた機能性が、とても魅力的ですね。筆者の心にも刺さりまくりです!

 

PANTHER PANTHER DERA

1万4040円

1970年代に全国の”学校指定靴”として採用された名作が、現代の都市生活にふさわしい機能性とアイデアを加えて復刻。見た目からは想像もつかない、多くのテクノロジーを兼ね備えています。

 

【URL】

ミタスニーカーズ http://www.mita-sneakers.co.jp/