一般的に、人間関係で何かトラブルが起きたとき、女性のほうが感情的になりやすく、ほとぼりが冷めるのにも時間がかかる。だから、男友達と一緒にいるほうがラクだと感じてしまうのも無理はありません。でも、男友達が多いと意味もなく偏見を持たれてしまったり。

Elite Daily」のJasmine Vaughn-Hallさんの記事は、そんな女性の気持ちを代弁しています。

01.
男友達が多いからって
「気」が多いわけじゃない

恋愛感情抜きで異性と親密になることはできない、なんて悲しいことは言わないで。男女関係なく、友情を育むことはできるはずです。もちろん時には、いつの間にか恋愛に…なんてこともあるかもしれないけれど、男友だちが多い女の子にとって、これはむしろレアなパターン。

02.
女友達ももちろん欲しい

男友だちが多いからって、女友だちを欲してないわけではありません。むしろ、女友だちは最高だって思ってます。たしかに男友だちの方がドロドロした関係にはなりにくいけれど、やっぱり誠実な女友だちは必要です。

03.
男友達といたって
女らしさは保ちたい

男友だちが多い女性は、何かと男扱いされがち。そんな人、今まさしく思い浮かんでいるのでは?でも男友達がたくさんいたって、やっぱり女らしさは持ったままでいたいんです。

04.
最高のキューピッドになれる

自身の外交的なキャラをフル活用して、キューピッド役を担ってくれる彼女。女性は往々にして勘が鋭いから、アプローチ法がいまいちな時は、的を得たアドバイスで助け舟を出してくれるはず。

05.
芯がしっかりしている

だから周りが男ばっかりでも、自分らしくいられるんです。無理に合わせたりもしないし、いつだって楽チンな服装で登場。スウェットでソファに横たわって、みんなで一緒にお笑い番組を鑑賞する週末の夜なんて、最高じゃないですか?

06.
裏表ない
正直な意見を言える

思ったことをそのまま口にする男友だちに囲まれている影響か、いつでもどストレートな意見を言ってくれます。

07.
魔性の女ではない

男友だちに囲まれているから「男性の扱い方を分かりきっている」なんて思われがちだけど、恋愛対象ではなく、あくまでも友だちとして接しているだけだから、案外扱い方までは分かっていないもの。何も目立ちたいから男友だちとつるんでいるわけじゃなくて、友だちがたまたま異性ってだけの話なのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily