インド・西ベンガル州ブルドワーン地区の村で住民を襲う野生のゾウ(2016年3月20日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】インドで、ゾウやトラに襲われて1日に約1人が死亡していることがわかった。同国政府が新たな統計を発表した。インドのゾウやトラは人間に生息地を狭められ、絶滅の危機にひんしている。一方、ヒョウは1日に約1頭が人間に殺されており、人間と野生動物との土地をめぐるあつれきが高まっている。

 インドではこの数十年で都市化によって広大な規模の森林が失われ、野生動物が人間の生活圏に進出せざるを得ない状況を生んでいる。

 インド環境省によれば、2014年4月から今年5月までの1143日間で、国内でゾウとトラに襲われて死亡した人は合計1144人(ゾウに襲われた人が1052人、トラは92人)に上り、この数字が減少する兆しはない。

 一方で同省によれば、同時期にトラ345頭とゾウ84頭が主に密猟者によって殺された。ゾウは象牙目当てで狙われる。

 人間が犠牲になったケースの4分の1以上は東部の西ベンガル(West Bengal)州で起きている。同州には800頭近いゾウが生息し、ベンガルトラも分布している。同州では昨年、野生のゾウの群れが暴走し、5人が死亡した。

 ゾウと人間とのあつれきは全国にも広がっており、昨年6月には南部タミルナド(Tamil Nadu)州で、12歳の少女を含む4人がゾウに踏まれて死亡した。

 ゾウが人間を襲う事件の大半は、いわゆる「ゾウの回廊」と呼ばれる場所で起きている。ゾウの回廊は何世紀も前から存在するが、現在は人間が入り込んでいる。

 公式データによると、インドには3万頭近いゾウと、世界中のトラの半数が生息しているが、どちらも絶滅の危機にひんしている。

 インド野生生物保護協会(WPSI)のティト・ジョセフ(Tito Joseph)氏はAFPに対して、「インドでは野生動物の密猟が横行している。多数のヒョウ、トラ、ゾウが体の一部を目当てに殺されている」と指摘した。

 2015年の調査では、人間に殺された野生のヒョウは推定1万2000〜1万4000頭という懸念すべき数字だった。ヒョウに襲われた死者の数は明らかにされていないが、専門家らは毎年かなりの数にのぼるとみている。
【翻訳編集】AFPBB News