2年ぶり出場の錦織が第2シード、初戦はヤング [シティ・オープン]

写真拡大

「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンDC/7月31日〜8月6日/賞金総額175万80ドル/ハードコート)で、錦織圭(日清食品)がウィンブルドン以来のトーナメントに出場する。

 世界ランキング9位(7月31日付)の錦織は第2シードとなり、初戦となる2回戦でドナルド・ヤング(アメリカ)と対戦する。ヤングは1回戦で、ワイルドカード(主催者推薦枠)のティム・スマイチェク(アメリカ)を4-6 6-3 6-4で下しての勝ち上がり。

 両者の過去の対戦成績は錦織から5勝1敗。ヤングの1勝はジュニア時代のフューチャーズ大会でのもので、2013年以降は錦織が5連勝している。今シーズンは3月にインディアンウェルズ(ATP1000/ハードコート)の4回戦で対戦し、錦織が6-2 6-4で勝っている。

 今大会に2年ぶり6度目の出場となる錦織は、2015年に初めて決勝進出を果たし、ジョン・イズナー(アメリカ)を4-6 6-4 6-4で破ってATPツアー通算10勝目を挙げていた。

 そのほかの日本勢は、添田豪(GODAI)が出場しており、1回戦の対戦相手はテニス・サングレン(アメリカ)となっている。

 シティ・オープンはATPツアー500の規模の大会で、シングルス48ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、SEはスペシャル・イグザンプト

◇   ◇   ◇

【錦織の今大会での過去の戦績】

<2015年>

決勝 ○錦織[2] 4-6 6-4 6-4 ●ジョン・イズナー(アメリカ)[8]

準決勝 ○錦織[2] 3-6 6-1 6-4 ●マリン・チリッチ(クロアチア)[3]

準々決勝 ○錦織[2] 6-4 6-4 ●サム・グロス(オーストラリア)

3回戦 ○錦織[2] 6-4 6-4 ●レオナルド・メイヤー(アルゼンチン)[16]

2回戦 ○錦織[2] 6-7(8) 6-1 6-4 ●ジェームズ・ダックワース(オーストラリア)

1回戦 Bye

------------

<2014年>

準々決勝 ●錦織[4] 1-6 4-6 ○リシャール・ガスケ(フランス)[6]

3回戦 ○錦織[4] 6-2 2-6 6-3 ●ルーカス・ラッコ(スロバキア)

2回戦 ○錦織[4] 6-4 5-7 6-4 ●サム・クエリー(アメリカ)

1回戦 Bye

------------

<2013年>

3回戦 ●錦織[2] 1-6 2-6 ○マルコス・バグダティス(キプロス)[16]

2回戦 ○錦織[2] 7-5 6-2 ●ジャック・ソック(アメリカ)[WC]

1回戦 Bye

------------

<2010年>

1回戦 ●錦織[Q] 2-6 3-6 ○イゴール・クニツィン(ロシア)[Q]

予選決勝 ○錦織 4-6 7-6(4) 6-4 ●ケビン・アンダーソン(南アフリカ)

予選1回戦 ○錦織 6-3 6-1 ●ジュニア アレクサンダー・オーレ(アメリカ)

------------

<2007年>

2回戦 ●錦織[SE] 2-6 3-6 ○ジュリアン・ベネトー(フランス)[11]

1回戦 ○錦織[SE] 7-6(4) 6-3 ●ティムラズ・ガバシュビリ(ロシア)

------------------------

【上位出場選手シード順位(シングルス)】

ドミニク・ティーム(オーストリア)[1]
錦織圭(日本/日清食品)[2]
ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[3]
グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)[4]

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンDC)に第2シードで出場する錦織圭(ウィンブルドンでのもの)
Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 07: Kei Nishikori of Japan celebrates during the Gentlemen's Singles third round match against Roberto Bautista Agut of Spain on day five of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 7, 2017 in London, England. (Photo by Shaun Botterill/Getty Images)