アルツハイマー病のレジェンドのため…『背番号10』を空位に

写真拡大

来週末に2017-18シーズンが開幕するイングランド2部リーグ。QPRが発表した新背番号のなかで、10番が話題になっている。

QPRにとって、今年は本拠地ロフタス・ロードを使用し始めて100年となる。そんな記念すべきシーズンで10番を着けるのは、「#JUSTFORSTAN」?

STANというのは、QPRで300試合以上に出場し、7年に渡って『10番』を背負った元イングランド代表FWスタン・ボウルズのこと。

QPRのレジェンドである彼は68歳になるが、現在はアルツハイマー病を患っている。そのボウルズに敬意を払うために今シーズンは『10番』を彼のために捧げ、あえて空位にするという。

『Sky Sports』によれば、QPRはボウルズのためのチャリティマッチをロフタス・ロードで行うとのこと。今週末にボーンマスと行うこの一戦のチケットは人気となっており、多くの観客が詰めかけることが期待されているようだ。