鮮やかな色使いと、子どもにもわかりやすいストーリーが人気の絵本『はらぺこあおむし』。

 日本だけでなく、世界中で翻訳され、子どもたちに愛されている同作。現在Twitter上では、中国版のタイトルが反響を呼んでいる。

 その名も『非常飢餓毛毛蟲』。ポップでかわいらしい絵に似つかわしくない、物騒なタイトルに感じるのではないだろうか。心なしか、表紙のあおむしの顔もいつも以上にげっそりしているような…。こんなタイトルだと、はらぺこレベルではなく、命にかかわるような飢えを想像してしまう。

 Twitterユーザーからは「とにかく腹が減っていることだけは伝わった」といった感想のほか、名前の物騒さ加減から、まるでモンスターのような印象を受ける人まで現れた。

 同じ意味に翻訳しているはずなのに、ニュアンスが大きく異なって見える中国版のタイトル。ほかの作品でも、このような現象が起きるだろうか…?

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら