TOKYO MX公式HPより

写真拡大

「言論の自由」を番組テーマに掲げ、いまやTOKYO MXの看板番組ともなった『5時に夢中!』。

 マツコ・デラックスやミッツ・マングローブといった毒舌タレントをテレビの世界に引っ張り出した番組としても知られており、もしも『5時に夢中!』という番組が存在しなかったら、いまのテレビ業界の分布図はまったく違うものになっていただろうとも評されている。

 そんな『5時に夢中!』の立ち上げプロデューサーである大川貴史氏がTOKYO MXの制作局長に昇進。「TV Bros.」(東京ニュース通信社)2017年7月15日号には、出世を記念しての大川氏へのインタビューが掲載されているのだが、それを読んでみると、「言論の自由」を掲げる番組のトップとは思えぬ、いささか残念な発言のオンパレードなのであった。大川氏はこのように語る。

「若い頃は純粋で、クリアで、そのものズバリ核心を突いてどうにかしようとするけど、でもそれでは変えられない。だから俺は社会正義を持って、忖度しないと生きていけないなら、忖度もするガハハ」
「結局さ、ルールに則っていないとやりたいこともできないんだよ。若い頃はこのルールを知らなかった。今なら知ってる...とは言い切れないけど、なんとなく感じることができるようになった」

 この発言だけでもう「変わっちまったな......」といった感じだが、大川氏の発言はまだまだ止まらない。

『5時に夢中!』の魅力といえば、下世話さだ。他のワイドショーであればそもそも取り扱わなかったり、取り扱ってもコメンテーターは穏便な発言で済ませるようなゴシップネタにも、『5時に夢中!』は堂々と斬り込んでいく。そこだけは変わらないでほしかったのだが、大川氏はこのように語っている。

「そもそもアグレッシブさって何だ?って話なんだよ。安易なゴシップに首を突っ込んでいた人たちもみんなそれぞれ大人になるわけで、ゴシップだけが楽しいとはならなくなるよね」
「周囲を取り巻く状況も変わっていく中で、自分の考えも、求められることも変わっていくし、それにだんだんできることと、できないことがわかってくる。悲しいかな、分別がついちゃう」
「背負ってるものも、12年前とは全然違うんだもの。これで食ってる人だっているんだから。今の自分は『番組が明日からなくなっていーや』にはならない。長く続けていくことに意味を感じている」

●岡本夏生を切って、大手プロ所属のふかわりょうを選んだ『5時に夢中!』

 大川氏のこのインタビューを読んでふと頭をよぎったのが、昨年世間を騒がせた岡本夏生の番組降板とMCを務めるふかわりょうとの確執報道である。この降板劇は、番組が大手芸能プロダクションの意向に寄り添ったうえそれに屈したもので、まさしく「忖度しないと生きていけないなら、忖度もする」結果として生まれた騒動だった。

 岡本の降板は昨年3月8日の放送に、インフルエンザに感染したあと診断書もないまま出演し批判を浴びた件の責任をとるかたちで、謝罪とともに発表された。確かに岡本の行ったことは社会的マナーに欠ける行動ではあるが、番組を降りなくてはならないほど問題のあるものとは思えない。事実、本人はこの状況に対し憤りを覚えていたようで、翌月に行われたふかわとのイベントでは直前になって失踪。ワイドショーを騒がせた。結局、岡本はイベントに姿を現したものの、ふかわと大ゲンカ。これもまた大々的にマスコミに報道されたのだった。

 テレビのワイドショーでは、お騒がせタレントである岡本が演じるいつものひとり相撲として軽く扱われていたが、この問題には根深い問題があった。インフルエンザはあくまで口実であって、本当に岡本が番組を降りざるを得なくなったのは芸能プロからの圧力があったからなのだ。

 前述の通り、『5時に夢中!』は出演者からの過激なコメントがウリである。岡本もまさしくその番組コンセプト通りに仕事をしてきた。しかし、それが時として問題を起こす。たとえば有名なのが、「FRIDAY」(講談社)に掲載された香里奈の「エッチ後の股開きベッド写真」を14年3月25日の放送で取り上げた際の騒動だ。このとき、岡本はこんな衝撃発言をして、周囲を凍りつかせた。

「彼氏は横で寝ているわけですよね。ということは、ここに(写真を撮った)第三者がいた、乱交パーティでもしたんじゃないの?」

 いかにも『5時に夢中!』らしいコメントだが、ここで問題となったのは、香里奈が"芸能界のドン"率いるバーニングプロダクション傘下の芸能事務所であるテンカラットに所属していたことだ。番組内容を知ったバーニング幹部は、芸能関係者を通じ、同番組に「調子に乗ってると、芸能界で生きていけない」と暗に恫喝をかけたとも言われている。また、以前から岡本は、名指しはしないものの「バーニングに目をつけられている」というような発言もしていたことから、『5時に夢中!』だけではなく芸能界追放さえも取り沙汰されたのだ。

 岡本はどこの芸能プロにも所属せずフリーで活動している。こういった場合に後ろ盾になってくれる人が彼女にはいないわけだが、このときは番組側もふかわをはじめとした関係者も岡本を守る方向で動き、圧力に屈することはなかった。

 しかし、こういった問題が頻発するにつれ、ふかわの所属するワタナベエンターテインメントが事情を重く見るようになっていく。岡本が何か問題発言をするたびにふかわが謝罪することになり、このままでは、ふかわが巻き添えになりかねないと、ナベプロサイドが番組プロデューサーに対して、「岡本をなんとかしろ」と働きかけたという噂も流れていた。

 その結果、インフルエンザを口実とした降板劇につながっていく。事実、前述した降板後のふかわとのイベントでは「過激発言を求められてやってたのに、裏でお荷物扱いされて心外」というニュアンスのことを言った岡本に対して、ふかわは「圧力はなかった」「あなたが好き勝手に言えたのは、周りのみんなが尻拭いしていたからだ」「あなたはウソをついている!」と罵倒したという。そして、岡本が反論すると、ふかわは「芸能界には定められた枠ってものがあるんですよ!」と開き直ったとされている。

 同番組が芸能プロに屈したのはその件だけではない、一昨年前の1月に起こった中村うさぎの降板宣言も同様だ。ことの発端は、中村がブログに「二度とあの番組には出ない」と降板を表明したことだった。その理由は、共演していた美保純に対する「ポルノ女優のくせに」との差別的な発言だったとされている。これに対し、番組プロデューサーから謝罪を求められた中村は「絶対にそんな発言はしていない!」と猛反発。美保とプロデューサーに「陰でいろいろ言われてた」ことに怒りをあらわにした。実際、美保が中村について陰でスタッフと相談していたことをふかわもブログで明かしている。しかし、プロデューサーは結局「芸能人」である美保の主張を優先したといわれている。

●『5時に夢中!』は「言論の自由」を番組テーマに掲げるのをやめたのか?

 大川氏は著書『視聴率ゼロ!──弱小テレビ局の帯番組『5時に夢中!』の過激で自由な挑戦』(新潮社)のなかで、番組コンセプトについてこのように書いている。

〈自分の意見を歯に衣着せず「自由に言い合える」番組。「言論の自由」をテーマに掲げています。
 なので、放送前の打ち合わせでも、制作サイドがコメンテーターに対して、「これは言わないでくれ」と申し入れることはほとんどありません〉

 しかし、この思いは変わってしまったようだ......。実は、同じ本のなかで大川氏はこのようにも書いている。

〈最近は、SNSやメールで一部の熱狂的な皆さんから、「言論の自由をうたうなら、芸能界のタブーにもっと斬り込め!」「社会の巨悪と戦え!」「過激とは名ばかりか!」など、熱いご指摘をいただくこともあります。ご意見としては非常にありがたいのですが......別に、『5時に夢中!』は、表現の自由を勝ち取るために戦っているわけではありません。
 第一、夕方からそんな戦いを見せられても楽しくないと思いませんか?
「タブーと戦う」「悪と戦う」みたいな、わかりやすい「過激」ではなく、どの角度からどんな意見が飛び出すか分からない方が、よほど「過激」です。プロデューサーとしては、そんな、多様な意見が飛び出す「過激で自由な空間」を楽しんでもらえると嬉しいです〉

 本当ならば責められるべき行いをしたタレントが、大手芸能プロに入っているという理由だけで守られるといった理不尽な報道が横行している芸能メディア。そんななかにあって『5時に夢中!』は数少ない解放区であったはずなのだが、もうその役割を望むことはできないのだろうか......。
(編集部)