小倉優子

写真拡大

7月31日放送の「ヒャッキン!」(テレビ東京系)で、小倉優子が、イクメン男性が奮闘する姿に本音を漏らした。

番組では、100円ショップの便利グッズを海外の人に使ってもらう企画を放送し、ノルウェーのイクメン男性が登場した。ノルウェーは男性の育児休暇の取得率が約90%と「世界屈指のイクメン大国」だという。育休中のこのイクメン男性は、妻がフルタイムで仕事復帰し、生後8カ月の赤ちゃんの世話に奮闘している。

イクメン男性は、妻のランチ用のサンドイッチを100円グッズを使って、作ることに。簡単サンドメーカーで食パンの周囲をくっつけたり、食パン用抜型セットでクマ型にしたりし、職場まで届けに行っていた。

幸せいっぱいのVTR後、コメントを求められた小倉は「ねえ〜、イクメンねぇ…あの…」と苦笑いし、「幸せなご家族のVTRとかだと、なんかコメントしづらいんですけど、大丈夫ですかね?」と思わず、ためらったのだ。

そんな小倉に、共演者の榊原郁恵、三船美佳、藤本美貴、ギャル曽根らママタレ一同が「大丈夫、大丈夫」と総出で励まし、スタジオは笑いに包まれていた。

【関連記事】
小倉優子が子どもふたりに言い聞かせていること「私がいれば大丈夫」
ギャル曽根 小倉優子の前で家族にまつわる贅沢な悩みを明かして注意される
つるの剛士 「イクメン」と呼ばれることが「大っ嫌い」と告白