夏休みはお子さんに少しだけ夜更かしを許可して、家族で星空を眺めてみてはいかがでしょうか。今回の無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』では著者の須田將昭さんが、8月中に見られる夜空の一大イベント、部分月食とペルセウス座流星群について解説しています。

夏休み、どう過ごす? 星空案内編

海や山に出かけて、一泊や二泊するようなことがあれば、普段とは違う星空を楽しむこともできそうです。

夏の星空といえば、やはりペルセウス座流星群。13日の未明に極大を迎える、ということで、暦の上では土曜日から日曜日にかけてですし、お盆休みと合わせて観測するには絶好のタイミングです。

ただ今年は月が明るいので、空の条件はあまりよろしくありません。それでもペルセウス座流星群は割と明るい流星も多いので、頑張れば(?)流星を見るチャンスはあるだろうと思います。

また流星群は極大期以外にも一定期間は流星の数が増えますので、キャンプなどで星空の綺麗な場所に行かれた時にはぜひ楽しんでみてください。

さてペルセウス座流星群が見頃になる前ですが、8日には日本各地で部分月食が観測できます。7日の夜中と言う方がいいでしょうか。月曜日から火曜日にかけて…、という時間帯なので、大人には厳しい時間帯ですね。

食の始めは2時22分。一番欠けるのが3時20分…、本当に寝入っている時間帯なので難しいかもしれませんね。また北海道では月食が終わるとすぐに日の出、というほどに夜明け前という感じになります。今回の条件では南西ほど恵まれているとされています。

また日本からは見えないのですが、皆既日食がアメリカで見られます。素晴らしい映像が届くのを楽しみにしています。

今回は流星群と日食、月食だけで終わってしまいましたが、お出かけの時にはぜひ夜空も眺めてみてください。

8月1日から7日までの1週間は「スター・ウィーク〜星空に親しむ週間」とされています。各地でいろんな星空、宇宙に関するイベントも企画されています。お近くの施設などでイベントがないか、ぜひチェックしてみてください。

この機会に一人でも多くの方が、星空に親しまれますように。

image by: Shutterstock.com

出典元:まぐまぐニュース!