新人ガールズグループ少女注意報、ファンカフェ加入者数ランキングが14位も上昇…操作疑惑まで浮上?

写真拡大

ガールズグループ少女注意報をめぐり、突然ファンカフェに操作疑惑が浮上した。

ファンカフェに1週間で約400人の新たなファンが加入し、最近あるサイトで集計したガールズグループのファンクカフェランキングでなんと14位も上昇したためだ。

この集計を作った著者は上位のグループより会員数の増加が速いと言い、捏造ではないかという疑惑までほのめかした。しかし、新たに加入したファンのほとんどがファンレターを書き、“実在”していることを証明した。

これに対し、所属事務所の関係者は「音楽番組に一度も出演したことがないにも関わらず、このように愛される秘訣は『ヒーリングコンサート』にある」と説明した。

6月、少女注意報の所属事務所ROOTSエンターテインメントは「ヒーリングコンサート」という名前で青少年のために100回の無料公演を開催するという公約を発表した。

記事を見た多くの学生と学校から申請を受け、期末試験が終わった生徒たちを癒すため「ヒーリングスクール」を開き、保育園などではヒーリングパーティを開催しているという。そして公演を見た学生が自然にファンになり、ファンカフェに加入したという。

特に注目すべきことは他のグループも学校を訪れる活動をしているが、少女注意報のようにファンカフェ加入者数の増加に直接つながったグループはなかったということだ。

事務所の関係者は「少女注意報がたくさんのファンを引きつけた理由はコミュニケーションにあった。私たちは単なる公演のため行くのではなく、コミュニケーションしに行くのだ。公演もするが、友達のようにコミュニケーションすることがポイントだ。これからも福祉とエンターテインメントの融合である福祉エンターテインメントを作るため、さらに頑張る」と付け加えた。

少女注意報は、デビュー曲「少女之夢」を引っさげて着実に活動している。