映画『茅ヶ崎物語』全国公開決定&予告編公開 桑田佳祐、神木隆之介、野村周平ら出演

写真拡大

 熊坂出監督作品『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』が9月16日より全国公開することが決定。あわせて、予告編&第二弾ポスタービジュアルが公開された。

 同映画は、数多くの才能を輩出し続ける“芸能の地、茅ヶ崎”の謎を、ドキュメント・ファンタジー=「ドキュファ」形式という今までにない新しいメソッドで綴る。茅ヶ崎の芸能史を編纂する“日本一のレコードコレクター”であり、洋楽ポップスの一流プロモーターでもある宮治淳一(みやじ・じゅんいち)と、アースダイブという手法で茅ヶ崎の秘密を数万年規模で遡る人類学者・中沢新一(なかざわ・しんいち)への密着、今年、御年80を迎えた今も、現役で新しい音楽に挑み続ける加山雄三へのインタビューなどのドキュメンタリーパートと、“サザンオールスターズの名付け親”としても知られる宮治淳一と桑田佳祐にとっての運命的な出来事を回想劇として描くファンタジーパートが融合。宮治淳一の青年期を神木隆之介が、桑田佳祐の学生時代を野村周平が演じる。さらに、賀来賢人、須藤理紗、安田顕をはじめ豪華俳優陣、高橋優をはじめとするミュージシャンが、様々なキャラクターとなって登場する。

 同映画は『第6回茅ヶ崎映画祭』でのプレミア上映に続き、7月21日〜23日の3日間、全国15館にて実施された『【夏祭り】特別上映』でも上映。チケットが即日完売となるなど大きな反響があったことから、全国公開が実現。9月16日の東名阪主要都市をはじめとする5カ所の映画館での一般公開を皮切りに、10月からスタートする『桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」』に帯同する形で、各都市の公演に合わせて全国的に公開していく。(リアルサウンド編集部)