マキロイがフィッツジェラルド氏とのタッグを解消へ【写真:Getty Images】

写真拡大

全英OPは4位タイ…キャディーのフィッツジェラルド氏との契約解除を発表予定

 男子ゴルフのロリー・マキロイ(英国)は、世界ランキング4位と上位をキープする一方で、2014年以降は四大大会の優勝から遠ざかっている。メジャー通算4勝を誇る天才が、タイトル奪取を懸けて長年連れ添った相棒とのタッグ解消を決断したという。英公共放送「BBC」が報じている。

 マキロイは7月の全英オープンで通算5アンダーの4位タイで大会を終えた。初日に最初の6ホールで5オーバーと大きく出遅れたことが響き、2014年の全英オープン以来となるメジャータイトルは手にできなかった。そして、無名時代からの“相棒”と別々の道を歩む決断に至ったようだ。

 3日に米・オハイオ州で行われるブリヂストン招待選手権の開幕前に、マキロイは2008年から10年間キャディーを務めるJ.P.フィッツジェラルド氏との契約解除を発表する予定だという。

 記事で「彼らは輝けるほどの成功したパートナーだった。マキロイはタイガー・ウッズから支配力を奪い、世界NO1になった」と称されるほどの蜜月関係で、マキロイは2012年と14年に賞金王に輝いた。フィッツジェラルド氏は、昨季マキロイから165万ドル(約1億8000万円)という巨額の報酬を手にしていたとされる。

ウッズを王座から引きずり下ろした28歳…復活のきっかけを掴みにいく

 7月の全英オープンでもマキロイは、フィツジェラルド氏の叱咤激励に感謝の言葉を述べていた。初日の立ち上がりにパットやショットが定まらず、3番から4連続ボギーを叩くなど、最初の6ホールでスコアはよもやの5オーバーだった。

「なんてことだ、またやってしまった、と考えていたんだ。最近の2大会(アイリッシュ・オープン、スコティッシュ・オープン)で予選落ちしていたから、いつもの信念を失っていたんだ」

 大会中にこう振り返ったマキロイは、キャディーの一言で目が覚めたと明かしていた。

「君はロリー・マキロイだろう。いったい、なんてザマなんだい?」

 調子の上がらない天才を一喝。相棒の一言で目を覚まし、怒涛のチャージを見せた。 「あれが間違いなく助けになった。自分には何ができるのか思い出させてくれたんだ。偉大な仕事をしてくれた」とマキロイは感謝していた。

 だが、全英オープン閉幕からわずか1週間でマキロイは運命の決断を下した。

 2012年に史上2番目の若さで世界ランキング1位となり、タイガー・ウッズ(米国)を王座から引きずり下ろした天才はまだ28歳。全幅の信頼を寄せた相棒との痛みを伴う決別で、復活のきっかけを掴みにいく。