「髪が肩についたら結ぶこと」「髪を染めるのは禁止」「パーマ禁止」…厳しさに違いはあれど、『髪形に関する校則』はほとんどの学校にあることでしょう。

これらは一般的に、学生の身だしなみを正すため定められているといわれています。

「ポニーテール禁止の校則ができたよ」

ある日、お母さんからそんな言葉を聞いて目を丸くした、ゆういちろう(@yuuitirou528)さん。

『髪が長い人は結びなさい』という校則の学校はあるものの、『ポニーテールが禁止』という校則はあまり耳にしません。

疑問を抱き、お母さんに理由を聞いてみたところ、驚くべき言葉が返ってきたのです。

「理由は『男子の欲情をあおる可能性があるから』だってさ」

ポニーテールは『男子の欲情をあおるから禁止』!?

お母さんがいうには、若い先生たちが『うなじが男子の欲情をあおる可能性がある』と声を上げ、女子生徒のポニーテールが禁止になったのだとか。

理由を知り、ゆういちろうさんは「何をいっているのか分からない」と思ったそうです。

確かに、昔から『うなじは色っぽい』といった言葉はありました。ですが、すべての人がうなじに欲情するわけではありません。

「じゃあ、私がポニーテールにしたら、欲情あおれるんですかね?」

この案がPTAで議題になった際、冗談交じりにこんなことをいっていた役員もいたのだとか。きっとPTA内でも「意味が分からない」という空気があったのでしょう。

ゆういちろうさんがこの件についてTwitterに投稿すると、多くの意見が寄せられました。その中から、いくつかご紹介します。

1.欲を抑えきれないほうが悪いのでは?

ポニーテールを禁止するのではなく、欲情を抑える勉強をさせるべき、という声が多数上がっています。

また、大人の『とりあえず危険要素は制限しよう』という行動は、子どものためにならない、という考えの人も多いようです。

2.欲情しているのは、声を上げた張本人なのでは?

「欲情するから禁止」といいだした人が、そういった目で生徒たちを見ているのでは…という意見も。

確かに、自らが性的な目で見ていなければ、そんな発想は出てこないともいえます。

3.欲情するからといって、女子生徒の行動を制限するのはなぜ?

そもそも、仮にポニーテールで欲情したとして、『原因』がある男子生徒ではなく、なぜ女子生徒の行動を制限するのでしょうか。

「欲情をあおるほうが悪い」という考えは、性犯罪の被害者を責める思考に近いものがあります。

信じられないことに、ゆういちろうさんの投稿を見て「自分の学校にも似た校則がありました」という声も上がっていました。

男子生徒たちは余計な疑いをかけられ、女子生徒たちは行動を制限され、どちらにもメリットがないように感じます。校則のありかたについて、考え直すべきなのかもしれません。

[文・構成/grape編集部]