大人こそ「ビビットピンク」でオシャレ顔に♪イタくならないポイント使いテク4選

写真拡大 (全5枚)

今年の夏の新作で次々に登場しているビビットピンクのコスメたち。上手に使いこなせればオシャレで可愛くキマるけど、一歩間違えればイタイメイクに...。そこで今回は、大人のビビットピンク似合わせテクをご紹介します。

似合わせるコツ【青み系ピンクリップ編】

1.ブラウンアイシャドウで目元は極力ナチュラルに

口元がビビットピンクで派手なぶん、目元は肌なじみの良いブラウンアイシャドウでナチュラルに。ちなみに、アイシャドウは単色でサッと仕上げた方が口元とのバランスがとれて洗練された印象になります。

2.ティッシュで色味&質感をコントロール

ティッシュオフ後

発色が強いビビットピンクは、ティッシュで軽くおさえて色味の調整をするのも手。リップが密着してキープ力が増すうえ、ツヤ感も調整できて肌と自然になじみます。

似合わせるコツ【ビビットピンクアイシャドウ編】

3.ライン使いにする発想

ビビットピンクのアイシャドウは、アイホール全体に塗ってしまうと奇抜になってしまうので、アイラインのように使うのが正解。上まぶたの中央から目尻に向かって細く、長くラインを引きます。ピンクの面積は少ないですが、コレだけで目元にインパクトが出て、夏らしい印象に。

4.黒目の下にワンポイント使い

黒目の下にだけビビットピンクを塗るワンポイント使いも◎。さりげないけどアクセントが効いて、一気に大人のオシャレ顔に! 

ビビットピンクは使い方のポイントさえ押さえれば、簡単に大人も似合う色に! この夏のトレンドカラーなので、たくさん使ってオシャレにキメてくださいね♪

【関連記事】
・ メイクのアップデートしてる?30過ぎたら見直したい痛ポイント
・ 色味のチョイスがキモ!盛り過ぎ感のないオールピンクの「腹八」メイク

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。