「あの『電波少年』Pが監督」萩本欽一ドキュメンタリーは欽ちゃんの「遺言」だ!

写真拡大

 お笑い界で一時代を築いた、欽ちゃんこと萩本欽一。特に1975年から10年余りの間に放送されたフジテレビの「欽ちゃんのドンとやってみよう!」をはじめとする“欽ドン!”シリーズは、まさに国民的人気番組としてお茶の間を楽しませた。

 そんなお笑い界のレジェンドの“最初で最後”と銘打ったドキュメンタリー映画が公開されることが決定した。タイトルは「We Love Television?」。11月3日に劇場公開予定だ。

「監督は『電波少年』シリーズなど、数々のヒット作を生み出した土屋敏男氏。物語は、ある日土屋が欽ちゃんの自宅に訪れて“視聴率30%超えの番組を作りましょう”と持ちかけるところからスタート。共演者や番組の構成にかかわる人たちとの熱のこもった打ち合わせを始め、76歳になる欽ちゃんの尽きることのないチャレンジ精神に迫ったものです」(事務所関係者)

 萩本は全盛期、30%超えのヒット番組を連発し、1週間の視聴率の合計が100%を記録したことから“視聴率100%男”と呼ばれただけに、大いに期待できる内容だ。しかも見どころは、それだけではない。土屋はあえて、萩本に映画を撮っていることを知らせなかったという。

「欽ちゃん本人も『まさか映画を作っているなんて、知らなかった』と驚きのコメントをしています。だからこそ“レジェント”萩本欽一の真の姿が映し出された作品と言っても過言ではありません」(前出・事務所関係者)

 また、映画の公開に先駆けてユーチューブで、ポスタービジュアル&特報の映像も公開。「テレビ界の生ける伝説(レジェント)の番組作りの奥義が明らかに」と銘打たれ、映画の一部を紹介。そこで女優・田中美佐子が出演することも、明らかにされている。

「“大将”と呼ばれ、まさにお笑い界の王様。納得が行くまでリハーサルを繰り返す完璧主義者でもあります。そんな欽ちゃんの素顔を見ることができる、これはまさに萩本欽一の遺言と言っても過言ではありません」(放送作家)

 “昭和のお笑い界”の生きるレジェンド“が主人公の渾身ドキュメンタリー。今から公開が楽しみだ。