「巨大カフェオーレ」が登場

写真拡大

江崎グリコが2017年8月3日まで、大阪・道頓堀の「グリコサイン」前に、蛇口の付いた「巨大カフェオーレ」を設置し、「カフェオーレ」の試飲体験イベントを開催している。

大阪で観光中、うだるような暑さでへとへとに......というそこのあなた、蛇口をひねり、冷たいカフェオーレでほっと一息ついてはいかがだろうか。

「蛇口界」の先輩の言葉を胸に...

6月1日の「牛乳の日」と10月1日の「コーヒーの日」の間を取って、8月1日は「カフェオーレの日」と日本記念日協会に認定されている。江崎グリコはこの日に合わせ、8月1〜3日で道頓堀に「巨大カフェオーレ」を設置。円錐型で、高さは2メートル。冷蔵庫が内蔵されており、蛇口をひねると冷たいカフェオーレが出てくるという。

蛇口と飲料のコラボレーションは過去にもあった。同社がこのイベントを開催するにあたり、その「先輩」たちから応援コメントが寄せられたという。

高松空港の特産品展示コーナー「空の駅かがわ」で2010年に設置された「うどんだしの蛇口」が、その1つだ。高松空港は

「私たちは"うどん県"らしいありそうでなかったうどん出汁の蛇口を空港ビルの一角に設置しています。蛇口界の新たな後輩の登場はとてもたのしみです。3日間限定での取り組みとお聞きしましたが、たくさんの人々に癒しと笑顔を届けてたくさんの人に愛される蛇口になることを願っています。(並びすぎにはご注意くださいませ)」

と激励した。

「りんごジュースの蛇口」(2015年〜)で話題になった星野リゾート青森屋からも、「アツい」メッセージが届いた。

「『りんごジュースの出る蛇口』は大人も子供のワクワクし、青森らしさを感じるものを考えようという想いから生まれました。カフェオーレ蛇口さんも大阪の地でぜひワクワクをお届けください!私たちは今秋新たに『"2種類"のりんごジュースが出る蛇口』として進化する予定です。一緒にご当地蛇口を盛り上げていきましょう!」

グリコの担当者は「蛇口の諸先輩方の貴重なアドバイスを元に、素敵なひとときをお届けします」とコメントしている。

開催場所は、道頓堀グリコサインが見える大阪市「とんぼりリバーウォーク(道頓堀から戎橋間の右岸)」。8月2、3日は、12〜17時に開催される(なくなり次第終了)。