アメリカ・アラスカ州南西部にあるアレクナギク湖で、グリズリーが子どもを背中に乗せて湖を渡る、珍しい光景が撮影されました。

2頭の子どもを背中に乗せて、湖を一生懸命泳ぐグリズリーのお母さん。

グリズリーは泳ぎが得意なクマといわれています。しかし、子どもを乗せて泳ぐのは簡単ではないようで、体のほとんどが水に沈んでしまっています。

しかしお母さんは、見事に岸まで泳ぎきりました!

グリズリーといえば『恐ろしい動物』というイメージが強いですが、この映像からはお母さんの優しさが感じられますね。

[文・構成/grape編集部]