左から、中村天平、山本真央樹  撮影:石阪大輔

写真拡大

「初めて音を合わせた時にビビビッと電流が走るような快感、直感があった」。そう語るのは、超絶かつ繊細なテクニックで国内外にファンを持つピアニスト、中村天平だ。解体業などを経験しピアニストへという異色の経歴をもち、Tシャツ姿でのプレイや、“平成の寅さんツアー”と称し全国行脚を行なうクラシック界の異端児の心を掴んだのは、フュージョン界の鬼才ドラマー、山本真央樹。このふたりが、白熱した音の会話を繰り広げる新ユニットが、天平&真央樹である。

天平&真央樹 チケット情報

「元々Neo Resistance Quartettoという弦楽器も入ったバンドを一緒にやっていて。そこでは、クラシックとロックとモダンとを混ぜた、聴きやすい音楽がコンセプトで。作曲時にドラムのフレーズも打ち込みで作って、“こういうイメージで”と伝えていたんです。今回はあえてドラムのフレーズを作っていないんです。真央樹くんの想像力を信頼しているし、面白いものが出てくるんじゃないかなっていう。ピアノもドラムもここでしかできないことで、ひとつの究極を目指していくのが天平&真央樹でのコンセプト」(天平)

「天平さんのプレイは、ピアノのソロなのに打楽器的なんです。最初に合わせた楽曲“火の鳥”も、ドラムの音が聞こえてくるからその場でパッとできたんです。僕はドラムというひとつの楽器担当という意識はあまりなく、今作も、ピアノから聞こえてくる音を自分で譜面に昇華していって。ここはこうしたらもっとカッコよくなるんじゃないかってアイディアを出し合いながら、トータルな意味で音楽を完成させるスタンスでした」(真央樹)

1stアルバム『kaleidoscope』は、“万華鏡”の意味通りに変幻自在な音の世界が広がる。代表曲「火の鳥」などはプログレッシヴな曲だが、複雑さに重きを置いた曲ではない。どの曲もドラマに満ち、プリミティヴな感動を呼び起こす。「曲を作るときには、心の動きが大事。変かもしれないですけど、僕は、傷ついてなんぼだと思っているんです。傷つくのを恐れて、危険な道を避ける人たちが大多数だと思うんですけど。僕はあえて、挑戦する道を選ぶというか。心の振れ幅も大きなものを得られるし、それが曲の原動力になっていますね」(天平)

12月には初のライブツアーを東京・大阪・名古屋で開催する。会場はクラブクアトロ。ふたりの熱と汗を間近で感じられるライブを楽しみにしたい。

「アルバム『kaleidoscope』の10曲だけでなくて、新曲も引っさげていきたいので。集中力、爆発力、熱量がトップに上ったツアーになると思います」(天平)

取材・文:吉羽さおり