(公社)インテリア産業協会は、「第30回キッチンスペシャリスト資格試験」(2017年度) 受験申込の受付を、8月25日(金)に開始する。締め切りは10月26日(木)まで。

 キッチンスペシャリスト(KS)とは、住まい手にとって快適で使いやすいキッチン空間をつくるために、キッチンに関する専門的知識(レイアウト・機能、光熱水排気設備、収納等)や商品知識を持ち、新築やリフォームにおいて住まい手のニーズを設計・施工・販売に反映する職業能力者のこと。こうしたキッチンスペシャリストに求められる幅広い専門的知識を問い、試験に合格し資格登録した者にその称号を与えるのが「キッチンスペシャリスト資格試験」である。キッチンスペシャリスト有資格者数は8486人(2017年3月末時点)。

 「キッチンスペシャリスト資格試験」の試験科目は、「学科」(マークシートによる択一式)と「実技」(記述式)の2つ。学科の審査範囲は住居と食生活とキッチンの『空間』、『機能』、『設計施工』、『販売』、「実技」の審査範囲は図面表現等によるキッチン空間の企画・提案に関する筆記試験となっている。学科試験または実技試験のどちらかに合格した場合、次年度から3年間、合格した試験が免除される。

 試験日は12月3日(日)、試験地は札幌、盛岡、仙台、高崎、東京、金沢、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄の12会場。受験タイプ、および受験料は、総合(学科+実技)コースが1万4000円(消費税込み/同一年内に学科・実技試験を受験)、学科コースのみが1万800円(消費税込み)、実技コースのみが1万800円(消費税込み)。受験申込方法はインターネット、もしくは郵便局からのお申し込み(専用「払込取扱票」によるお振り込み)の2種類がある。
 問い合わせは、キッチンスペシャリスト資格試験運営事務局(TEL:03-3233-4808)まで。