「すぐその場で授乳できないと大変なの!」母乳ママの体に何が起きるのか&対処法を産婦人科医に聞いた【特集:公共の場での授乳問題(2)】

写真拡大

母乳ママが「公共の場での授乳」を認めてほしい理由に「その場で授乳できないと大変なの!」というものがあります。

【検証】人の授乳は「何となく気持ち悪い」と多くの人が感じているワケ【特集:公共の場での授乳問題(1)】

でもママたちの実態は、当事者以外には謎なのも事実。

母体に何が起きているのか、産婦人科医で【母乳110番】顧問の村上麻里先生に聞きました。

ママと赤ちゃんの負のスパイラル!体調不良を引き起こす原因にも?

――「公共の場での授乳」についての論争が続いています。

母乳ママたちから「できればすぐ授乳させてほしい」「タイミングを外すと身体にもトラブルが起こるから」という切実な声があがる一方で「大変大変って騒ぐけど、何がそんなに大変なの?」「みんな多かれ少なかれ苦労はあって、何も母乳育児中の母親だけじゃないんだけど?」という反論も聞かれます。

ここで争点となっているママたちの“大変さ”というのは、果たしてどの程度のものなのでしょうか。教えてください。

村上麻里先生(以下、村上):赤ちゃんが欲しがったらすぐに授乳する、いわゆる「適時授乳」ができないと何が問題(になるの)か、今日は医学的な観点からお答えいたしましょう。ご一緒に、状況を想像してみてくださいね。

まず、出かけた先で赤ちゃんがおっぱいを欲しがります。特に授乳しやすい場所を選んではくれません。「お腹が空いたなぁ」「ちょっとのどが渇いたな」「眠いからおっぱいタイムにしたいなぁ」など、その子なりのタイミングで欲しがるものです。

ところが、公共の場で、すぐ授乳ができない状況となると、赤ちゃんも困ります。泣いて要求するしかないわけですね。

ママは、赤ちゃんの泣き声で「周りに迷惑になっちゃう!どうしよう!」と、緊張してしまいます。

実は、赤ちゃんはママの気持ちを敏感に感じ取っていて、心が連動します。ママが不安だと、赤ちゃんもグズりやすかったり、反対にママがリラックスしていると、ごきげんで周りに笑いかけたり、ぐっすり寝てしまったり。

ですから、こういう緊張感は即座に伝わって赤ちゃんも機嫌が悪くなり、おっぱいをもらえない不満も加わって、もっと大声で泣いてしまいます。

周りの視線も集まり始めて、ママは、さらに緊張を強いられます。

――すごい悪循環ですね……そこから赤ちゃんの気持ちを立て直すのは、想像するだけでちょっと大変そうです。ママ自身も、パニックになりそうですし。

村上:そして、ママの授乳間隔が開いてしまうとどうなるか、についてですが。

乳汁を飲んでもらえないと、乳房が張って痛くなったり、熱を持ったりします。頻回に授乳している時期では、数時間でも、胸がパンパンになったりもします。

あまりに張ってしまうと、赤ちゃんが吸い付きにくい状態になることもあります。

こうなると、待ちに待った授乳タイムがやってきても、いつものように飲めないかもしれません。

――ここにも、ものすごい悪循環が……こうなると、たとえ授乳室までたどりついても、ホッとすることすらできないかもしれませんね。

村上:赤ちゃんの機嫌は悪くなるし、ママもぐったり、です。

そして、こういうシチュエーションは「乳腺炎」の誘因にもなりかねないので、少し気をつけておきましょう。

――乳腺炎!服が触れるだけで激痛が走る、といいますが……ママが注意していれば、予防できるものなのでしょうか。

乳腺トラブルを怖がりすぎることはない!お出かけ時に気をつけておくべきポイントは?

村上:乳腺炎については、きちんと授乳できていれば「普通は起きないこと」なので、ここで「予防」というのは、ちょっと違うかな、と思います。

「乳腺炎を予防するために適時授乳をしなければならない」というより「適時授乳が難しいシチュエーションでは乳腺炎にもなりかねないから注意したい」といったほうが適切でしょうね。

「乳腺炎」の原因として考えられるものは、といえば。

「疲労」「ストレス」「不自然な姿勢」「吸い付き方が浅い」「授乳回数が少ない」「時間を決めたスケジュール授乳」「授乳間隔の開き過ぎ」「下着の圧迫」等々……。

一番多い原因は「姿勢」と「吸わせ方」、いわゆる“ポジショニング”と“ラッチオン”がうまくゆかないことなのですが、このあたりについては【母乳110番】の竹中恭子代表が別のインタビュー連載の中で解説してくださるようなので、ハピママの記事「授乳に悩むママが“検索地獄”から抜け出すには? 後悔しない子育て【母乳110番の現場から(1)】」を参考にしていただくとして。

――赤ちゃんがグズることによる「疲労」、周りへ迷惑を掛けてしまっていることから感じる「ストレス」、「授乳回数が少な」く、適時授乳ではなく「時間を決めたスケジュール授乳」に近い形になり、「授乳間隔の開き過ぎ」から張った乳房が「下着の圧迫」を受ける……怖いくらい、当てはまりますね。

村上:外出先でちょっと授乳できないくらいで、すぐ乳腺炎にはならないとは思いますから、そこはあんまり怖がり過ぎないでほしいのですが(笑)トラブルの元になる可能性は否めません。

実際に、乳腺炎の相談でありがちなのは、お宮参りやお食い初めといったイベントの後、だったりしますから。こういった外出やイベントが、少なからずママの負担になっている、という印象を受けています。

ただ、ここであらためて強調しておきたいのは、では赤ちゃんが幼児になるまで、ずっと家に籠もっていたほうがよいかといえば、決してそうではないということ。

ママのお出かけについては、別の回のインタビューでもお話しますけれども、外で「適時授乳」できる方法をママが持っておけば、それで問題は解決するのです。

泣いたら授乳と言われますが、泣くというのは、授乳するタイミングとしては遅過ぎなんです。赤ちゃんが、泣き出す前に「おっぱいを欲しそうなサイン」を出したら、すぐ授乳。赤ちゃんの“欲しがるサイン”に合わせた授乳は、周囲からの不要な注目を避けられるだけでなく、乳汁分泌も増やしますから、母乳育児もより軌道に乗りやすくなりますしね。

ちょっと話は逸れますが「赤ちゃんの必要(ニーズ)に応えることが、母と子の信頼関係を育て、あまり泣き過ぎない子になる」と言われているんですよ。そういう点からも、適時に授乳できると、最終的には楽になります。

もっと現実的な話をすれば、ミルクのための調乳グッズを持ち歩くのだって、結構かさばって、重くて疲れますよね?

外出先で気軽におっぱいをあげることができれば、母乳ママだって、いや母乳ママだからこそ、家でだけでなく「公共の場」でも“お気楽”な授乳生活が送れるようになるのです。

――“お気楽”な授乳生活、ですか。「公共の場での授乳」の是非をめぐって社会は揺れていますが、そんななかでもママたちが“お気楽”に過ごせる方法、ぜひ知りたいです!

イマジネーションの力で“お気楽”授乳生活が楽しめる社会へ

村上:「公共の場での授乳」については賛否両論、入り乱れていますね。

個人的には「授乳は母子の権利だ!」と正論を振りかざすのもイヤだな、と思っています。もちろん“権利”なんですけどね。でも、授乳の様子を見慣れていない人たちがたくさんいるところで、露出度が高いのはどうかなぁと。

その反面、「そんなことは見るのも恥ずかしい」「絶対に隠して、見せるべきではない」という意見も一方的では……。でも、経験がない人、身近に授乳しているママがいなくて分からない人は、そう感じるのも仕方がないのかもしれません。

だからこそ、自分の知らない世界に対して「想像力」を働かせて欲しい。冒頭でお話したような、ママの立場、ママの置かれるシチュエーションを想像してみて欲しいと思いますね。

そしてママにも、できることがあります。ママもぜひ「想像力」を働かせてみてください。

例えば「授乳服」を活用すれば、赤ちゃんが泣く前に授乳できるので目立たず、周りの誰にも気づかれずに母乳をあげてしまうことができます。

ママが恥ずかしいという気持ちも、周囲の人たちの恥ずかしいという気持ちも受け入れたスマートな方法。自分の考えと違うことについて不寛容な人もいる社会の中で、ママと赤ちゃんの心身にとって、こういった解決策が強い味方になってくれるのではないでしょうか。

――村上先生のお話で“お気楽”授乳生活に、一歩近づけた気がします。乳腺炎も「怖い!怖い!」とばかり思っていましたが、ひとつひとつの原因と対策を知っておけば、不必要におびえることもないのですね。では今日のインタビューの最後に、お医者様としてあらためて、お出かけ前のママにアドバイスをいただけますでしょうか。

村上:赤ちゃん連れのお出かけ、初めはハードルが高く感じるかもしれませんが、けっこう楽しいですよ。

周りに迷惑かも、とママが心配するほど、気にする人は意外に少ないです。先に「ちょっとうるさくなるかもしれません、ごめんなさい」と言っておくと、お互い気持ちよく過ごせます。

ママの気分転換や心の健康のためにも、少しずつお出かけ経験を増やしてみましょう。

【取材協力】村上 麻里(むらかみ まり)先生 プロフィール

産婦人科専門医。【母乳110番】顧問。「母乳育児の指南書」の決定版とも評される『おっぱいとだっこ』(竹中恭子著・PHP電子)では監修も務める。実戦的な母乳育児の講演は各地で好評。都内の産婦人科クリニックに勤務。三姉妹の母でもある。

記事企画協力:光畑 由佳