【検証】人の授乳は「何となく気持ち悪い」と多くの人が感じているワケ【特集:公共の場での授乳問題(1)】

写真拡大

「公共の場での授乳」に反対、また受け入れに抵抗がある人たちは、なにも男性や不妊治療中の方に限りません。最近では多くの人が「何となくイヤ、気持ち悪い」と感じているとか。

授乳に悩むママが“検索地獄”から抜け出すには? 後悔しない子育て【母乳110番の現場から(1)】

その背景を出産報道ひと筋30年、ジャーナリストの河合蘭さんに聞きました。

どうして“フツー”の人たちまで嫌がるの?その理由とは?

――授乳を「何となくイヤ」「気持ち悪い」と感じる人が少なくないそうですね。最近、この論争が再燃するきっかけになった新聞への投書も、20代女性が「公共の場での授乳は目のやり場に困る」と訴えたものでした。

河合蘭さん(以下、河合):公共の場での授乳に抵抗感がある人たちは、私自身のこれまでの取材から考えても少なくないと感じます。

かつては誰も何とも思わなかったことなのに、今ではそうではなくなった。だから社会問題化してきた、ということなのでしょう。

それはなぜか、といえば「社会が子どもを嫌いになったから」というのではなく、おそらく「子どもが少なくなったから」、そのために「慣れ」が起きないんだと思います。

まず、弟や妹がいる人が減っています。物ごころついてから弟や妹が母乳を飲む様子を見ている人、それを記憶している人はかなり少ないはずです。

――少子化が進む中で、授乳シーンを「見慣れていない人が多いから」ということなんですね……やっぱり見慣れない人にとっては、キツいものでしょうか。

河合:そもそも「母乳を飲ませる」という行為は、本質的にはキスと同じように、性的な行為なんですね。

実際、母乳を飲ませ始めるとき、性的な快感があることに戸惑う女性は多いんですよ。

だから何の心の準備もない人が授乳風景に遭遇すると「飲んでる、飲んでね、かわいいねー」とはならず、なんとなく本能的に性的な面が感じられて「動物的」「ぎょっとする」といった反応になったり、「見たくないものを見せられている」といった感覚が起きる。

私が過去に取材した若い女性たちからも「子どもを産んだ友人を見ると、違う世界に行っちゃったみたいで」という声が聞かれました。

彼女たちはお友だちが結婚して出産して、例えばお祝いを持って訪ねてゆくと、いろいろビックリする光景に出くわすのですが、なかでも「授乳が一番ショックだった!」という方が何人もいました。

「ファッションがゆるくなったなーと思うと、ガバッと胸をはだけて子どもに乳首をくわえさせる」……これは衝撃ですよね。

だから男性のみならず女性も「何となくイヤ」「気持ち悪い」と感じることは、とりわけ現代の日本社会では、ごく自然なことなのではないでしょうか。

――言われてみればたしかに、子育てする側に周りへの気配りが追い付かない部分もあるかもしれません。ただママの立場からすると、特に産後は赤ちゃんのことで頭がいっぱいで……この溝を埋めることはできないのでしょうか。

「母子というカップルに優しい社会」のために、いま私たちができること

河合:妊娠中の女性、母乳をあげている女性というのは「人間というのは、実は一皮むけば動物的なところがいっぱいある」という事実を隠せていない存在ともいえるのです。

でも、彼女たちに「動物的なところはしまっておけ!」と言ったところで、妊娠・授乳期の女性はこれしかありようがないのだから仕方がありません。

ただ、動物的な行為も、それを町の中でたくさん見かける社会では人々の抵抗感に免疫ができてしまって、これがつまり「慣れる」ということですが、人前でもOKということになると思うんです。

そうなると、例えば人前で自由にキスできる「恋人に優しい町」ができたり、また授乳がどこでも自由にできる「母子というカップルに優しい町」ができたりする。

母乳育児は「赤ちゃんが飲みたくなったら待ったなし!」なので、母乳で育てる人にとっては、そういう町であってほしいですよね。

そうでなければ母乳のママにとって、外出のハードルは非常に高いものになってしまいますから。

――「母子というカップルに優しい町」は母乳育児中のママのひとりとして、そんな町があったらどんなにいいだろうと思います。でもお話を伺っていると、動物的なモノに対する拒否感と、動物的にならざるを得ないママたちの間の溝は、やはり大変深いようにも感じるのですが。

河合:結論としては、どちらも相容れないながらも致し方のない理由があるワケですから「お互いの立場、感覚を分かり合う」ことが、最終的な鍵になってくるのかな、と。

例えば、産んでいない人たちが母乳育児に必要な授乳頻度を知れば「まさか、そんなにしょっちゅう飲むなんて知らなかったよ!」と思うのではないでしょうか。

「赤ちゃんの授乳は3時間おき」とよく言われていますが、これはあくまでもミルク育児の場合の目安で、母乳の場合はそれこそひっきりなしですからね。

それは、ママだとしても母乳で育てていないとわからないくらいの、知られざる事実ですよ。

赤ちゃんの生理を理解してもらって、「それならしょうがないな」「子育て、がんばれ」と思ってもらえるような社会をつくる。

ママたちが授乳服を着たり、授乳ケープを掛けたりして、「何となくイヤ」「気持ち悪い」と感じる人たちのことも考えて取っている行動も、評価してほしいですよね。

深い溝に橋を架け、双方から相手への配慮が生まれてくるためにも「お互いの立場、感覚を分かり合う」きっかけが、いま必要なのだと考えています。

うれしいことに最近、学校などの教育機関から呼ばれて「妊娠」の授業をさせていただける機会が増えているのですが、きっと、さらに併せて「授乳」教育も必要ですね。

「妊娠」や「授乳」といったことは「これから産みたい人」に伝える必要があるだけではなく、同時に「産まない人」にも伝えることが必要なんです。

なぜなら「産む人」や「赤ちゃん」が社会に協力してもらって生きてゆくためには、産まない人の理解が欠かせないから。

こういったことを学校教育で教えるという考えには「全員に出産を強要するのか」という意見もありますが、もっとシンプルに考えるべきでしょう。

ただ社会として、もはや自然に学べなくなってしまった「妊娠」や「子育て」の常識を持つべきだと思うのです。

人間は産む人と産まない人がいるのが当たり前で、だからこそ、さまざまな情報を共有することで多様な受け皿のある社会をつくることが大切。そのあたりの理解も進むといいな。

そしてゆくゆくは、「母子というカップルに優しい社会」が実現することを願っています。

■河合 蘭(かわい らん)氏 プロフィール

出産専門(出産,不妊治療,新生児医療)フリージャーナリスト。3人の子どもを育てつつ、女性の立場から、現代人が親になるときのさまざまな問題について執筆。

著書は『卵子老化の真実』(文春新書) 、『未妊―「産む」と決められない』(NHK出版)、『助産師と産む―病院でも、助産院でも、自宅でも』(岩波ブックレット)、『安全なお産、安心なお産 「つながり」で築く、壊れない医療』(岩波書店)等。

『出生前診断 出産ジャーナリストが見つめた現状と未来』(朝日新書)で、2016年科学ジャーナリスト賞受賞。

国立大学法人東京医科歯科大学,聖路加国際大学大学院,日本赤十字社助産師学校の非常勤講師。NPO法人日本助産評価機構評価委員。

記事企画協力:光畑 由佳