横山由依の白い顔に「舞妓はんみたい」(画像は『横山由依 2017年7月30日付Twitter「人生初!クリーム砲を浴びました」』のスクリーンショット)

写真拡大

AKB48グループ二代目総監督の横山由依が顔じゅうクリームだらけの姿を7月30日、『横山由依(Yui_yoko1208)ツイッター』で公開した。この日、マリンメッセ福岡で『AKB48「ハイテンション」「シュートサイン」全国握手会』が開催され、その際に『AKB48 ネ申テレビ』の企画“記憶道”へ出演した結果である。

9期生では横山の他に島田晴香、竹内美宥、山内鈴蘭(現SKE48)が挑戦して竹内と山内もクリーム砲を浴びた模様だ。なかでも横山は「人生初! クリーム砲を浴びました」とダブルピースしており「ゆいはん! ついにやりましたね(笑)」「喜んでるじゃん笑 初クリーム弾おめでとう」とフォロワーからも祝福があった。

「嬉しそうですね」といわれるように、彼女は笑顔を浮かべているのだ。「初めてのクリーム砲は、意外!」「人生初とか、むしろ意外」との声もあるように『AKBINGO』なども含めると出演回数が多いだけに、罰ゲームで浴びているようなイメージがある。それだけに彼女自身も「ようやく洗礼を受けた」と達成感を覚えたのだろう。

ちなみに10期生は藤田奈那、阿部マリア、11期生は小嶋菜月がクリーム砲を浴びており、10期生の加藤玲奈は「何があっても汚れたくない」と意地で記憶道に勝って罰ゲームを免れたという。

画像は『横山由依 2017年7月30日付Twitter「人生初!クリーム砲を浴びました」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)