紙をナイフで切り出し、美しい模様や絵柄を作り出す『切り絵』。

切り絵は日本古来より、伝統として長らく愛され、いまも世界中で多くの人を魅了しています。

細密で鮮やかな、めくるめく『切り絵』の世界

4年前、友人のウェルカムボード作成をきっかけに切り絵創作を開始した、祐琴(ゆうこ)さん。

カラーペーパーによる切り絵を何層にも重ねる独自の技法で、作品を制作しています。

カラーペーパーの切り絵をアクリル板と何層も重ねることで、立体感を出しています。その細密な作りは、ため息が出てしまうほどです。

こちらの『黄道十二星座』は、なんと重量8kg!縦60cm、横60cmの大作です。

制作にかかった期間は、およそ半年。画家アルフォンス・ミュシャの作品『黄道十二宮』からインスピレーションを得たそうです。

シリーズ物の作品やスマホケースも!

金魚4兄弟四季模様の蝶

桜の花が咲き誇る『春』、ひまわり畑のような『夏』、紅葉や草木が曲線を描く『秋』、雪の結晶がしんしんと降り注ぐ『冬』。

どの蝶も、見ているだけで笑顔になれますね!

ハリー・ポッター

ホグワーツ魔法魔術学校の、グリフィンドール、ハッフルパフ、レイブンクロー、スリザリンをイメージした切り絵です。

各組のイメージカラーをふんだんに使い、シンボルマークの動物があしらわれています。

切り絵スマホケース

透明な素材のスマホケースには、和風モチーフの金魚たちが泳いでいます。愛らしい色合いも、渋い色合いも、どちらも違う魅力がありますね!

デザインや色合い

これらの切り絵は、まず紙にデザイン画を描き、パソコンで色合いを考えています。

刃先の角度が30度のデザインナイフを使い、紙を切り抜いていきます。

作業中は、とにかく集中力が大切。紙に顔を近づけ、細かく切り出します。

祐琴さんの著書『切り絵でつくるメルヘンドレス』が、全国の書店や通販サイトで販売中です。

さまざまなパターンや色を組み合わせて、お好みの『切り絵ドレス』を作ることができます。

またウェブサイトでは、ウェルカムボードのオーダーも受け付けています。こんなにも愛らしいウェルカムボードがあったら、一生の思い出になること間違いなしです!

「切り絵にチャレンジしてみたい」「作品をオーダーしたい」という人は、ぜひ下記ウェブサイトをご覧になってください。

【祐琴】

ウェブサイト:yukotokoto
Twitter:@yukotokoto221
Instagram:yukotokoto_kotton
通販サイト:shop

【イベント出展情報】

真夏のDESIGN FESTA 2017(東京ビッグサイト)
8月5日(土)、6日(日)E-42、43

[文・構成/grape編集部]