マンチェスター・Cはウォーカー(左)ら守備陣を補強し、マンチェスター・Uはルカク(中央)を新エースに迎える。ミランはボヌッチ(右)の獲得でサプライズを提供した。(C)Getty Images

写真拡大 (全3枚)

 活況を呈しているヨーロッパの移籍市場。8月31日のクローズまで残り1か月となった現段階における各クラブの投資額を、ランキングでおさらいする(※金額は『transfermarkt』より。昨シーズンから保有する選手の買い取り、分割払いの支払いを含む)。
 
1位:マンチェスター・C
投資額:2億4050万€(約307億8400万円)
主な獲得選手:DFバンジャマン・メンディ(←モナコ/5750万€)、DFカイル・ウォーカー(←トッテナム/5100万€)、MFベルナルド・シウバ(←モナコ/5000万€)、GKエデルソン(←ベンフィカ/4000万€)、DFダニーロ(←R・マドリー/3000万€)
 
2位:ミラン
投資額:1億8950万€(約242億5600万円)
主な獲得選手:DFレオナルド・ボヌッチ(←ユベントス/4200万€)、FWアンドレ・シウバ(←ポルト/3800万€)、DFアンドレア・コンティ(←アタランタ/2500万€)、MFハカン・チャルハノール(←レバークーゼン/2200万€)、DFリカルド・ロドリゲス(←ヴォルフスブルク/1800万€)、MFルーカス・ビグリア(←ラツィオ/1700万€)、MFフランク・ケシエ(←アタランタ/800万€=レンタルフィー)
 
3位:マンチェスター・U
投資額:1億6440万€(約210億4300万円)
主な獲得選手:FWロメル・ルカク(←エバートン/8700万€)、MFネマニャ・マティッチ(←チェルシー/4470万€)、DFヴィクトル・リンデロフ(←ベンフィカ/3500万€)
 
4位:チェルシー
投資額:1億4000万€(約179億2000万円)
主な獲得選手:FWアルバロ・モラタ(←R・マドリー/6500万€)、MFティエムエ・バカヨコ(←モナコ/4000万€)、DFアントニオ・リュディガー(←ローマ/3500万€)
 
5位:ユベントス
投資額:1億2220万€(約156億4100万円)
主な獲得選手:MFフェデリコ・ベルナルデスキ(←フィオレンティーナ/4000万€)、GKヴォイチェフ・シュチェスニー(←アーセナル←ローマ/1220万€)、DFマッティア・デ・シリオ(←ミラン/1200万€)、MFロドリゴ・ベンタンクール(←ボカ/1050万€)、FWドグラス・コスタ(←バイエルン/600万€=レンタルフィー)
 
 1位はジョゼップ・グアルディオラ政権2年目を迎えて、失敗が許されないマンチェスター・C。守備陣だけで200億円を超える異例の大型投資だ。
 
 2位は今年4月に中国資本となったミラン。ビッグサプライズ獲得となったボヌッチをはじめ、ここまで10人の新戦力を迎え入れている。3位のマンチェスター・Uはルカク、4位のチェルシーはモラタとそれぞれ新エースに巨額投資し、5位のユベントスも昨夏と比べれば地味ながら的確な補強を展開している。
 
6位:バイエルン
投資額:1億50万€(約128億6400万円)
主な獲得選手:MFコランタン・トリソ(←リヨン/4150万€)、DFニコラス・ジューレ(←ホッフェンハイム/2000万€)、MFハメス・ロドリゲス(←R・マドリー/1000万€=レンタルフィー)
 
7位:エバートン
投資額:9800万€(約125億4400万円)
主な獲得選手:GKジョーダン・ピックフォード(←サンダーランド/2850万€)、DFマイケル・キーン(←バーンリー/2850万€)、MFダフィ・クラーセン(←アヤックス/2700万€)、FWサンドロ・ラミレス(←マラガ/600万€)、FWウェイン・ルーニー(←マンチェスター・U/移籍金ゼロ)
 
8位:ローマ
投資額:8795万€(約112億5800万円)