(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

写真拡大

黒沢清監督の映画『散歩する侵略者』の9月公開に先立ち、主演の長澤まさみによるナレーションが収められ最新の予告映像が公開された。また、本作がスペインで開催される第50回シッチェス・カタロニア国際映画祭に特別招待作品として出品されることも決定した。

本作は劇作家・前川知大氏率いる劇団「イキウメ」の人気舞台『散歩する侵略者』を黒沢清監督が映画化したもの。「日常が侵略される」というコンセプトを軸に様々な展開が繰り広げられるサスペンスストーリーとなっている。9月の日本公開を前に、北米、フランス、オランダ、ベルギー、オーストラリア、ニュージーランド、中国、台湾、韓国など合計21カ国での公開が決定し、第70回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門にも正式出品された。

キャストには本作で夫婦を演じる松田龍平と長澤まさみ、奇妙な現象を追うジャーナリスト役の長谷川博己をはじめ、前田敦子、満島真之介、児嶋一哉、光石研、東出昌大、小泉今日子、笹野高史などの個性・経験豊かな役者陣を起用している。

この度公開された最新予告映像では、長澤が「世界が終わるのかもしれない。それでも、一緒に生きたい」という本作のキャッチコピーを語り、より作品の世界観を引き立てている。

映画『散歩する侵略者』は9月9日(土)、全国ロードショー。