店頭に積まれているアルザスのお菓子、クグロフや塩味のプレッツェル

写真拡大 (全9枚)

 仏独国境の町、ストラスブールは、もちろん食文化にも二カ国の風味が存分に生きている。ドイツ側ではザワークラウト、フランス側ではシュークルートと呼ばれる塩漬けキャベツを白ワインで煮込んだものと、ソーセージやジャガイモの料理はその代表。中世の街並みを歩きながら、代表的なアルザス(現在、地域圏名は「グラン・テスト」に変わっている)の食を味わってみた。

 旧市街の中心、ストラスブール大聖堂正面から伸びるマロカン通り(Rue du Maroquin)を南に歩くと、右側にたくさんのレストランが並んでいる。その中の一軒、Au Bon Vivantに入った。アルザス名物、タルト・フランベが一番おいしい、と評判の店だ。薄い生地の上に、酸味のあるクリームやチーズを塗り、ベーコンや玉ねぎの具をのせて焼いたシンプルな食べ物。円形だったり長方形だったり形はさまざまで、昼食ならこれで十分なボリュームだ。ピザのようにピースで切り売りしてくれる店もあるし、カフェメニューでも置いている軽食の一種だ。ドイツ側では、フラムクーヘン(Flammkuchen)と呼ばれている。

 街中をそぞろ歩くと、パティスリーの店先に積まれているクグロフに目が行く。やはりアルザスのお菓子でスイーツ好きにはこれまたたまらない。王冠型が特徴的で、このクグロフを焼く陶器型も、食器店にかわいいものがたくさん売られている。

 夕食でしっかり食べたい時は、やはりソーセージ。多種類のソーセージが食べられるシュークルートももちろん良いが、お一人様の時は若干量が多めなのが難。そこで今回は一人でも完食できる「プチ・サレ」を注文した。豚の塩漬けを焼いたものと、ドイツ国境付近のモンベリアルのソーセージ、そしてレンズ豆を使うのがお決まりだ。フランスではワインを飲む機会が多いかもしれないが、ここではやはり白ビール。レストランは、大聖堂の西側にあるグーテンベルク広場に面したAu Gutenbergだ。あのヨハネス・グーテンベルクが活版印刷技術を発明したのは、このストラスブールに住んでいる時。レストラン前の広場の真ん中には、印刷した書物を手にしたグーテンベルクの像が立っている。広場は、休日などにアルザスの民族衣装を着た人々の踊りなどを見ることができるイベントもあり、市民の憩いの場になっている。

 この広場の反対側には、「給水所」がある。ストラスブールでは街角のところどころに見られるが、飲用可能な水だ。旅先では大抵、夜ホテルで飲めるように水を買って帰る人が多いが、ストラスブールではその心配は無用。空いたペットボトルなどを持っていれば、ここで給水して持ち帰ればいい。

 次回は、このグーテンベルクや、フランス国歌、ラ・マルセイエーズが初めて歌われた時の絵画などがある歴史博物館、そして旧市街の中心、大聖堂の天文時計など、町歩きを。