学生の窓口編集部

写真拡大

大学生のうちに会社を作りたい! と思ったことはありませんか? 起業といえば、社会に出てから挑戦することが多いですが、最近では学生起業家も出てくるようになりましたよね。実は大学でも起業を学べる講座やカリキュラムを設置したり、オフィスや補助金を提供したり、学生の起業支援を積極的に行っているところがあるんです。有名どころでは、東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学などがありますが、今回はさらに広げて、すでに学生ベンチャーを生んでいるなど、起業家教育が充実している大学を紹介します。

■小樽商科大学

【意識高い系診断】 その発言、実はイタイかも?

今年6月、小樽商科大学から、「市原ゼミ」の3年生が主導した学生ベンチャー「株式会社AiLLis」が起業しました。主な事業は会計コンサルティングです。このようなゼミ生による起業はAiLLisで4社目。同大のゼミは「実践的な学習」をテーマに掲げ、企業訪問から商品企画、製品の輸入などを通し、講義だけでは得られない経験を積むことができます。AiLLisは今後、ニューヨーク証券取引所への上場を目指し、道内起業20社以上からなる勉強会「株式上場アカデミー」に参加するなど、活躍の場をさらに広げ、注目されています。

■日本経済大学

最先端の情報が集まる東京・渋谷。そんな立地に恵まれた日本経済大学には、在学中でもビジネスを立ち上げられる環境が整っています。一番の特長は、キャンパスの一角にある起業家養成施設「ハッチェリー」。起業を目指す学生は、審査をクリアすれば、ここで通信環境が整ったオフィスを無料で利用し、活動を始めることができます。このハッチェリーからは、ポータルサイト「@コスメ」を運営する株式会社アイスタイルや、ミドリムシを使った食品を手掛ける株式会社ユーグレナなど16の企業が誕生しています。

■龍谷大学

龍谷大学も「学生ベンチャー育成事業」に力を入れている大学のひとつ。基本講座では、教員やゲストに迎えた企業経営者から起業の知識を学び、ワークショップやグループワークで実践力を磨いていきます。この成果を持ち寄って、年に一度の「ビジネスプランコンテスト」に挑戦。行政・金融関係者、プランに興味がある一般参加者を前に、事業アイデアをアピールします。学内では、学生からの起業相談を随時受け付けており、専門機関への橋渡しも行っています。

■電気通信大学

研究成果をもとに起業したい……そんな学生が利用できる「インキュベーション施設」を設置しているのが電気通信大学。ここでは産学官連携による支援体制が整っており、学生からの起業相談でも、必要に応じて知財部門、大学研究者、金融機関などからトータルなサポートを受けられます。施設内の「プレベンチャールーム」では、大学院生や卒業生、地域企業と交流でき、学生生活では得られない刺激やビジネスチャンスとの出会いも期待できます。

■崇城大学

熊本市の崇城大学には、起業家の卵が集まる「部活」が存在します。その名も「SOJO Ventures」。日本初「大学公認」の起業部として注目されています。世界で活躍できるアントレプレナーを目指し、ビジネスプランの作成、シリコンバレーでの研修、国内外の合宿やイベント参加などを通し、起業スキルを鍛えます。部活とあって、メンバーは美術学科、応用微生物工学科、宇宙航空システム工学科とさまざま。今後は産官学の連携を進め、ベンチャー企業家らとも支援体制を強化。シリコンバレーオフィスの開設、ベンチャーファンドの創設を予定しています。

大学の学生への起業サポートもいろいろありますが、講義だけでなく、インキュベーション施設を利用して、オフィスを持ったり、実際の先輩経営者と触れる機会が多いと成長の速度も違ってきそうですね。他大学の学生でも参加できる事業プランコンテストや、交流イベントもあるので、気になる活動をしている大学があれば検討してみてはいかがでしょうか。

文・サクマ香奈