高校野球の東・西東京大会の開会式で、選手宣誓する早稲田実の清宮幸太郎主将=7月8日、神宮球場[代表撮影](写真=時事通信フォト)

写真拡大

7月30日、西東京大会の決勝で早稲田実業が敗れた。早実の強打者・清宮幸太郎主将は開幕時、故・小林麻央さんを踏まえて「野球を愛しています」と選手宣誓したことも話題になった。実は高校野球では1982年以来、選手自身がオリジナルの宣誓文を作るようになっている。高校野球の印象的な選手宣誓を振り返ってみよう。

----------

清宮幸太郎主将 早稲田実業「宣誓。私たちは野球を愛しています。私たちは野球に出会い、野球に魅せられ、野球によって様々な経験を重ねてこの場所に立っています」――日刊スポーツ 7月8日

----------

熱戦が繰り広げられている、第99回全国高等学校野球選手権大会。東・西東京大会は早稲田実業高校の主将・清宮幸太郎選手の印象的な選手宣誓で幕を開けた。「野球を愛しています」というフレーズは、故・小林麻央さんの最期の言葉から着想を得たという。高校通算最多107本塁打を達成した超高校級のスラッガー・清宮は、表現力も一流だ。清宮は取材に対して次のように語っている。

----------

「好きよりも、愛しているのほうがより気持ちが伝わるじゃないですか。野球がなければ今の自分はない。愛していると同時に、野球に感謝もしています」――AERA dot. 7月21日<早実・清宮幸太郎、最後の夏にかける思いとは>

----------

かつては型通りのものが多かった「選手宣誓」だが、近年はこのように独自の表現を用いたものが増えている。高校野球の印象的な選手宣誓を振り返ってみたい。

■オリンピックの「騎士道精神」を「武士道精神」にリプレイス

選手宣誓の起源は古代オリンピックにさかのぼると言われているが、近代オリンピックでは1920年のアントワープ大会から行われている。「我々は……競技規則を守り、騎士道精神にのっとって、祖国の名誉と競技の栄光のために戦う」というものだったという(朝日新聞 2016年7月13日)。ただし、オリンピックの選手宣誓は高校野球と異なり、宣誓する選手が自分で考えるものではなく、大会ごとに作られる細則で定められている。

高校野球では、1929年の第15回大会で慶応商工(東京、現・慶應義塾高等学校)の黒崎数馬主将が「訓示の通り正々堂々戦います」と宣誓したのが最初だった(朝日新聞 2015年8月5日)。その後、戦争が近づいてくると選手宣誓の内容も変化していく。1938年に行われた第24回大会での宣誓は次のようなものだった。

----------

村松幸雄主将 掛川中(静岡、現・掛川西高)「我等ハ武士道ノ精神ニ則リ、正々堂々ト試合シ、誓ッテ中等学校野球ノ精華ヲ発揮センコトヲ期ス」――朝日新聞デジタル 2015年7月21日<16歳、強いられた選手宣誓 第24回大会(1938)>

----------

オリンピックでの「騎士道精神」が「武士道精神」に置き換わっていることがわかる。時代の要請がこのような宣誓を行わせたのだろう。このときは村松主将が読み上げた宣誓文を、出場選手たちが一節ごとに唱和したという。村松主将は後にプロ野球・名古屋(現・中日ドラゴンズ)に入団するが、1944年にグアムで戦死した。

■1982年から、選手自身が考えた宣誓文に

戦後、高校野球の選手宣誓は定型的なものが続いた。「宣誓。われわれ選手一同は、スポーツマンシップにのっとり、正々堂々と闘うことを誓います」という定型文をベースにしたものだ。絶叫調が多く、「何を言っているのかわからない」という苦情もあった。大きく変わったのは1984年、福井商業の坪井久晃主将による選手宣誓からであり、宣誓文を選手自身が作ったのはこのときが初めてだと報道された。

ただし、社会言語学を専門とする陣内正敬関西学院大学教授(故人)の研究「高校野球・選手宣誓の時代性」(2012年)によると、実はこの2年前、1982年の京都地方大会において、洛星高校・青木武嗣主将の選手宣誓が先駆として存在していたという。

----------

青木武嗣主将 洛星高校(京都)「宣誓。我々選手一同は輝く太陽のもと、体いっぱいの声を出し、体いっぱいの汗を流し、打ち、走り、守り、燃えることを誓います」――朝日新聞デジタル 2016年9月20日<絶叫調から語り調へ 選手宣誓の変化、地方大会で先に>

----------

この宣誓文は西野文雄監督の提案によって「本当に表現したい言葉」を野球部20人全員から募集し、そこから検討を重ねて作ったものだ。青木氏は「決められた言葉を言うものだと思っていたので、えっ自分で決めていいの、と思った」と当時のことを振り返っている。宣誓を行った後は、観客がざわつき続けたという。それほど革新的な選手宣誓だった。

■東日本大震災を機に選手宣誓も変わった

陣内教授は、高校野球の選手宣誓は時代別に大きく3つに大別できると分析している。「スポーツマンシップ」「闘う」「正々堂々」などの語彙が頻出していた1970年代までは、「これから闘う者として意気込みのみ」が語られてきた。選手宣誓が多様化した1980年代以降は、「自分を客観視する視点」が生まれ、「これまでの練習の思い出、またいまこの甲子園球場に立っているということの感慨」が語られるようになった。1990年代以降は「夢」「舞台」「感謝」「感動(を与える)」という語彙が頻出するようになる。陣内教授は「従来の『競技者』に加え『演技者』としての意識が垣間見える」と分析している。

ポエム化が進んでいた選手宣誓に大きな転機がやってくる。2011年3月の東日本大震災だ。震災直後に開催された第83回選抜高校野球大会の開会式で選手宣誓を務めたのは、創部1年目で史上最速の初出場を決めた岡山県・創志学園の野山慎介主将だった。

----------

野山慎介主将 創志学園(岡山)「人は仲間に支えられることで大きな困難を乗り越えることができると信じています。私たちに今できること。それはこの大会を精いっぱい元気を出して戦うことです」――朝日新聞 2016年3月24日<震災12日後の宣誓に感動 「全身全霊で」思い継ぎ1勝>

----------

自分たちが阪神大震災の年に生まれたことを踏まえ、被災者に語りかけるように心がけたという野山主将の言葉は「弱っている気持ちに活が入った」など全国から大きな反響を呼んだ。大学入学後、福島県出身の同級生に「あの時、宣誓を聞いて泣いた」と声をかけられたこともあった。この選手宣誓を見て創志学園の野球部に入部した選手が何人もいたという。

翌年2012年の選抜高校野球大会では、被災地である宮城県石巻市の石巻工・阿部主将が選手宣誓のくじを引き当てた。石巻工の校庭も津波で水没、阿部主将の自宅も全壊している。そんな中でつかんだ甲子園の切符だった。

----------

阿部翔人主将 石巻工(宮城)「人は誰でも答えのない悲しみを受け入れることは苦しくて辛いことです。しかし日本がひとつになり、この苦難を乗り越えることができれば、その先に大きな幸せが待っていると信じています」――日刊スポーツ 2016年7月21日<石巻工主将の選手宣誓全文/センバツ>

----------

「答えのない悲しみ」というフレーズが被害を受けた東北・関東地方の人々の心情に寄り添っている。「だからこそ、日本中に届けます。感動、勇気、そして笑顔を。見せましょう、日本の底力、絆を」という後半部分はある種、テンプレート化していた言葉が続くが、被災地からの発信ということで新たな意味を持った。震災直後の夏、石巻工の野球部には「あきらめない街・石巻!! その力に俺たちはなる!!」という横断幕が掲げられていた。

■清宮選手は、プレーだけでなく宣誓も型破り?

前身となる「全国中等学校優勝野球大会」が始まってから100周年を迎えた2015年の第97回全国高校野球選手権では、第1回の優勝校・京都二中の流れをくむ鳥羽の梅谷成悟主将が選手宣誓を行った。くじではなく、指名だったのは異例のことだ。

----------

梅谷成悟主将 鳥羽高(京都)「次の100年を担う者として、8月6日の意味を深く胸に刻み、甲子園で躍動することを誓います」――サンケイスポーツ 2015年8月7日<鳥羽・梅谷主将が選手宣誓「8月6日の意味を深く胸に刻み」/甲子園>

----------

8月6日の広島原爆の日に開催された開会式を意識した選手宣誓である。陣内教授は、80年代以降の選手宣誓に「客観視する視点」が生まれたと分析していたが、この宣誓文は100年分の歴史を俯瞰したものであり、究極の「客観視」と言えるだろう。梅谷主将は取材に対して「戦争で甲子園に出たくても出られなかった方もいる。普通に野球ができるのは、誰かの支えがあるから」と語っている。

逆に、究極の「主観」とも言える選手宣誓がこの2年前に行われて大きな話題を呼んだ。

----------

「宣誓。我々は……というか、僕に注目してください!」

----------

高校野球ではなく、2013年のナイキジャパンのCMである。こうして考えると、冒頭に挙げた清宮主将の「私たちは野球を愛しています」という選手宣誓もなかなか主観的である。ナイキジャパンのCMのようにはいかないかもしれないが、型破りな選手宣誓の登場に期待したい。

(大山 くまお 写真=時事通信フォト)