Appleが今冬に発売する『HomePod』の制御に使われるファームウェアから、一般公開を想定していなかったためか、iPhone 8の詳細が次々に判明しています。

こちらもご覧ください。
iPhone 8の画面解像度がAppleから流出

画面内蔵型のTouch IDセンサーは搭載されず?

HomePodのファームウェアを@stroughtonsmithが解析した結果、画面内蔵型Touch IDセンサーに使われるデータは見当たりませんでした。

これが、iPhone 8にTouch IDセンサーが搭載されないことを意味するとは限りません。

同じくファームウェアから見つかったイラストでiPhone 8のおおよそのデザインは判明していますが、背面がどうなっているかは不明。背面に搭載される可能性もあります。

しかし、顔認証・赤外線センサーに関するデータは発見されているので、以前噂されていた「画面に埋め込まれたTouch IDセンサー」は搭載されない可能性があります。

「タップで起動」機能

画面が点灯していない状態で画面をタップするとロック画面が表示されると思われる「tap to wake(タップで起動)」という機能に関するデータも発見されました。

『iPhone 6s』・『iPhone 6s Plus』以降の機種と『iPhone SE』では、iPhoneを傾けると画面を点灯できる機能が追加されています。

iPhone 8で物理的なホームボタンがなくなることから、画面を点灯させるにはiPhone 8を傾けるか、電源(ロック)ボタンを押すしかありません。ホームボタンに代わる機能として「タップで起動」が追加されるものと考えられます。

画面上部のステータスバーは2つに分割

iPhone 8では受話口・FaceTimeカメラ・センサーが画面に出っ張ります。このことから、ステータスバーが左右の余白に表示されるのではないか、と考えられています。

この噂を裏付けるデータとして、ステータスバーを分割して表示するための機能も発見されています。

さらにステータスバーには、タップすると何らかの機能を呼び出せるような、新たな機能が割り当てられる可能性も指摘されています。

仮想ホームボタンに関する記述も

「home indicator」と記された、仮想ホームボタンに関すると思われるデータが見つかっています。具体的にどんなデザイン・機能なのかは不明です。

キーボードとファンクションエリアが連携?

iPhone 8では物理的なホームボタンを廃止する代わりに、画面下部にファンクションエリアと呼ばれる、仮想ホームボタンなどを表示するエリアが設けられると噂されています。

このファンクションエリアと、文字入力で使うキーボードが連携すると思われるデータが見つかりました。

MacBook ProのTouchBarのように、アプリやiOSの機能に応じてファンクションエリアに表示されるボタンなどが変わるのかもしれません。

FaceTimeカメラでの顔識別が向上か

iOS 11では、iPhone 8向けに「ARFaceAnchor」と呼ばれる機能も追加されるようです。

名前から推測すると、拡張現実アプリの開発を支援する『ARKit』を使って開発されたアプリで、顔を識別して追跡するための機能と思われます。

iPhone 8のFaceTimeカメラは赤外線センサーと連携し、被写体を立体的に捉えることができると考えられています。

@_insideによれば、顔の表情を識別できると思われる機能も発見されています。

参考

@stroughtonsmith - Twitter@_inside - Twitter