聯合ニュースTV(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の国家基幹ニュース通信社、聯合ニュースの報道専門放送局「聯合ニュースTV」の視聴率が視聴率調査会社のニールセン・コリアとTNMSの両調査で4カ月連続で報道部門1位を記録したことが1日分かった。

 ニールセン・コリアによると先月の聯合ニュースTVの平均視聴率は0.866%で、報道チャンネル1位の座を6カ月連続で守った。
 TNMSの調査でも0.980%で報道チャンネル1位を記録した。これにより、2大視聴率調査会社の月間調査で4月から4カ月連続でトップに立ったことになる。
 聯合ニュースTVの関係者は、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験成功の発表に関する報道や、文在寅(ムン・ジェイン)政権の国政運営5カ年計画発表、米国による韓米自由貿易協定(FTA)改定要求など、7月に国内外の主要な話題を巡り、「速報性を生かした迅速なニュースと、深く掘り下げた解説を準備したことが奏効した」と分析した。
ynhrm@yna.co.kr