シリア・ラッカで有志連合軍が空爆した後に上がった煙(2017年7月28日)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】戦闘で荒廃しているシリア北部ラッカ(Raqa)で、食料確保の問題が「重大な分岐点」にあると、人道支援団体が7月31日に明らかにした。現在、ラッカ市内の市場は休業状態で、住民は完全に備蓄食料に頼っているが、それも底を突き始めているという。

 ラッカでは2か月近くにわたって激戦が続き、米国が支援するクルド人とアラブ人の合同部隊「シリア民主軍(SDF)」が市内の半分の地域をイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」から奪還した。

 ラッカ周辺で活動を続ける人道支援団体リーチ(REACH)は31日に発表した調査結果で、「この数週間、住民は市場で多少の食料は購入できていた。しかし今では住民が完全に備蓄食料に頼っていると、主要な情報提供者の大半が報告してきた」と訴えており、ますます悲惨な実態が浮き彫りとなっている。

 リーチによると「3週間前には時折営業していた市場も今では休業状態」で、食品価格も急騰。そのため住民は食事の量を減らしたり、食事を抜いたりせざるを得なくなっているという。

 数週間前にはラッカの24地区のうち15地区では常時パンが手に入ったが、現在は日常的には購入できなくなっている。

 国連(UN)は、ラッカには今も推定2万〜5万人が残っているとみているが、リーチは1万人程度の可能性があるとしている。
【翻訳編集】AFPBB News