イベントの案内=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国と日本が文化交流を深める恒例イベント「韓日交流おまつり2017 in Tokyo」が9月23、24の両日、東京の日比谷公園で開かれる。

 「共に歩もう 心ひとつに」をスローガンに、両国小中学生の合唱公演でスタートする。
 23日の交流ステージで、韓国側は伝統舞踊やサムルノリ、テコンドー、K―POPカバーダンス、K―POPコンサートを行う。日本側はノンバーバルパフォーマンスやよさこい、演歌、和太鼓などを披露する。24日もテコンドーと空手、POPERAとコンテンポラリーダンス、B―BOYとマーチングバンドのように、両国のチームが交互にステージに立ち、伝統と現代の融合を見せる。
 一般参加者によるクイズ大会が催されるほか、韓国の料理や伝統衣装、伝統紙工芸などを体験できる常設ブースも設けられる。
 おまつりは今年で9回目。2005年に韓日国交正常化40周年を記念しソウルで初めて開催され、09年からは東京でも開かれている。
mgk1202@yna.co.kr