ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

写真拡大

全米オープンに向けて英気…母国スイスでリラックスしたひとときを過ごす

 男子テニスシングルス世界ランキング3位ロジャー・フェデラー(スイス)は、先のウィンブルドンで大会史上単独トップとなる通算8度目の優勝を飾った。現在は8月28日に開幕する全米オープンに向けて英気を養っているが、自身のツイッターとインスタグラムで母国スイスの雄大な自然をバックに優勝カップを映すファンサービスをしている。

 フェデラーは1月の全豪オープンで、永遠のライバルであるラファエル・ナダル(スペイン)を決勝で下して優勝を遂げてから絶好調。ATPワールドツアーで3月のBNPパリバオープン、マイアミ・オープンを制した後、ウィンブルドンは全試合ストレート勝ちの偉業を達成するなど、全盛期が再びやって来たかのような勢いを見せている。

 ただ、8日に36歳となるフェデラーは、以前のように“フルタイム”でツアーに臨むのではなく、全仏オープンを含むクレーコートシーズンを全休したように、バランスを取ってプレーしているのも確かだ。

 現在も全米オープンに向けて、リラックスしたひとときを過ごしている。

SNSにウィンブルドンのレプリカ版優勝カップとの“2ショット”公開

 その様子が分かるのは、SNS上に投稿された2枚の写真だった。1つは雄大な景色とともに、そしてもう1枚は「Tennis is our(テニスは私たちのもの)」と記されたベンチに座ったフェデラーと優勝カップの2ショットだった。ちなみに、このカップはウィブルドンのセンターコートで掲げた本物を25%の大きさにしたレプリカ版だという。

 英紙「デイリー・メール」はその写真について、「現在母国のスイスへと戻っているフェデラーだが、最新のタイトルを手荷物とし、それを飾るスペースを見つけたようだ。そのスイスの山々とチューリヒ湖を望む風景の中で、彼はその眺めを楽しんでいるようだ」と記している。

 全米オープンでは今季3回目のグランドスラム制覇の期待がかかるが、束の間の“充電期間”を経たフェデラーはどのようなプレーを見せてくれるだろうか。