「歯が命アワード2017」を受賞し笑顔を見せる河北麻友子

写真拡大

 女優の河北麻友子(25)が「歯が命アワード2017」に選ばれ1日、都内で行われた表彰式に出席した。

 歯みがき剤「アパガード」のCMコピー「芸能人は歯が命」にちなんで制定されたもので、現役の歯科衛生士100人の投票などにより選出。「歯並びがきれい」、「笑った口元が印象的」などの評価を受けた河北は、「笑顔を届けることが大切なお仕事なので、それに関わる賞はすごくうれしく思います」と笑顔をはじけさせた。

 米ニューヨーク生まれで、幼少の頃に2年をかけて歯並びを矯正し、「痛かったけれど、ちゃんとやったことで今、笑顔でお仕事ができている」と説明。現在も毎食後の歯みがきはもちろん、デンタルフロスやマウスウォッシュを欠かさず「毎日の積み重ねの成果が出ましたね。女優のお仕事ではキスシーンなど(相手との顔が)近いこともあるので、歯ブラシで歯磨き粉は常に持ち歩きしっかり磨いてケアしています」と胸を張った。

 専属モデルを務めるファッション誌「ViVi」でも、「まゆーんスマイル」の称号を得ており、「ファンの方も元気が出たと言ってくださる方が多いので、少しでも皆さんをハッピーにしていると思えたら光栄です」と話していた。