Galaxy Note 8のリーク続々。S8より狭額の大画面、光学3倍デュアルカメラ、6GB RAMのスペック番長
8月23日に発表イベントを控えて、Galaxy Note 8 (仮)と称する画像が続々と出回るようになりました。

上の画像はその最新のひとつ、数々のスッパ抜きで著名な @evleaks こと Evan Blass が掲載した「Galaxy Note8 Midnight Black」。

Galaxy S8 / S8+ と同じく前面がほとんど画面の「インフィニティ・ディスプレイ」ですが、全体にS8よりやや直線的で、特徴的なディスプレイ角の丸みもより鋭く見えます。
サムスンは伝統的に、春のGalaxy Sシリーズ、秋のGalaxy Noteシリーズというデュアルフラッグシップ戦略を続けてきました。

今年もまだ機種名や製品名こそ明かしていませんが、例年と同じタイミングで発表会 Unpacked を開催することは予告済みです。



招待状のティーザー画像はS8に似た【枠】とペン、惹句は「Do Bigger Things」。つまり、S8と似たスタイルの狭額かつさらに大画面で、Noteシリーズ伝統のS Pen操作に対応する機種であることまではほぼ予測できます。ここまでは公式の情報と無難な予想です。

Galaxy Note 8(仮)は8月23日発表。ペン対応&大画面で「究極のマルチタスクデバイス」


そうしたなか、各社スマートフォンのリーク情報で実績ある @evleaks が掲載した Note 8 の画像がこちら。画面占有率がかなり高いため、あまり外見で区別がつきませんが、S8よりも全体に直線的でやや四角いように見えます。

かつてのノートシリーズは、手書きでは横幅が重要としてやや幅広のアスペクト比を採用していました。こちらの自称リークの Note 8 は、S8と同じ縦長(18.5:9)に見えます。

とはいえ、S8から採用されたインフィニティ・ディスプレイは画面を細く狭くしたというより、幅を維持したまま上下のベゼルを削って縦に伸ばし、面積を稼いだ比率。絶対値として左右の幅が維持できていれば、縦が長くなる分にはペン横書きに影響はないとの判断かもしれません。

今回のリーク画像はスペックに触れていませんが、これまでのうわさでは6.3インチ Super AMOLEDディスプレイ、最新の Exynos および Snapdragon (地域による)、6GB RAM、背面12MPデュアルカメラ搭載といった説が一般的です。



一方こちらは、7月に BGR が掲載していたNote 8のモックアップ画像。前面は evleaks の最新リークとほぼ同じですが、こちらは背面の画像もありました。

うわさどおりのデュアルカメラと、S8 で届きにくかった指紋センサがやっぱりカメラと並んだ位置にあることが分かります。(つまり、虹彩認証には対応しても指紋はディスプレイ埋め込みではないらしい)。



同じ内容のうわさや自称リークが重なったところで「裏付けが取れた」わけではありませんが、発表会も近い時期に、実績あるリーク元がほぼ一致する情報や画像を出していることから、一定の信憑性はあると考えられます。

正式発表とみられる次期 Unpacked イベントは8月23日。大画面にはペン操作が欲しいという歴代ユーザーや、先代 Note 7 の評判を聞いて買う気満々だったのにまさかの出火爆発全数リコールで買えなかった人、とにかく最大最高スペックが欲しい、といったかたにはスルーできない端末です。