映画『三度目の殺人』の完成披露試写会が31日に行われ、主演の福山雅治さん、役所広司さん、広瀬すずさん、斉藤由貴さん、吉田鋼太郎さん、満島真之介さん、是枝裕和監督が登場しました。



出典:Nosh

福山さんが登場すると「ましゃ〜!」とあふれんばかりの歓声が。これには「あんまり“ましゃ”って言われるとちょっと……」と照れていました。

その様子を見て役所さんは「“ましゃ”と“すず”って歓声の間を歩いてくるさみし去ったらないよね(笑)」とコメントすると福山さんが「広司!」とフォロー。会場からも「広司ー!」と歓声が飛び、役所さんはご満悦の様子でした。



出典:Nosh

吉田さんは「最初は福山さんは目を合わせてくれないし、一言も会話がなかった。この人と2か月一緒にいるのはたまったもんじゃねえなと思った」とまさかのカミングアウト。加えて「もしかして福山さん緊張なさってたのでは……?」と聞くと、「まさしくその通り(笑)」と人見知りであることを明かした福山さん。吉田さんは「僕も人見知りなので、一言もしゃべらない現象が起こりましたね(笑)」と現場の様子を語ってくれました。



出典:Nosh

また弁護士役の福山さん、吉田さん、満島さんは、一緒にいることが多く撮影中に仲良くなったのだとか。「基本みんな“のんべえ”なので、3人でよく(飲みました)。あと、名古屋の激辛ラーメン食べたり、福山さんの行きつけの店を教えてもらったりしましたね」と満島さんが語ると、福山さんは「満島君には現場を盛り上げてもらって。稀代のムードメーカーですよ。こんなに人から嫌われない人も珍しい」とコメント。満島さんは福山さんらと共演できることが本当にうれしかった様子でした。

その会話を聞いて役所さんは「僕は激辛ラーメンも誘われなかった……接見室にいることが多かったから」とさみしそうにしていました。



出典:Nosh

福山さんが広瀬さんとの共演について聞かれると、「事前に是枝監督から、広瀬すずちゃんに会うと、みんな甘酸っぱい気持ちになるって言ってたんですけど、そんなことないでしょと思ってたんですよ。それで実際にお会いしたら、まあ甘酸っぱくなりました(笑)」とコメントし、広瀬さんの魅力に共演者もメロメロの様子。そこですかさず役所さんは「僕はですね、斉藤さんも甘酸っぱい気持ちになる!」と男前の一言を発し、会場を沸かせました。

 

■是枝監督が描く、本格心理サスペンス「三度目の殺人」

ヴェネチア国際映画祭にも出品が決定し、是枝監督も「納得度の高い作品ができた」と自信を示す『三度目の殺人』。

『そして父になる』から4年、是枝監督と2度目のタッグとなる福山さんを主演に、是枝組初参加となる名優・役所さんを迎えた本作は、監督が近年描いてきたホームドラマから一転し、かねてより挑戦したいと考えていた法廷を舞台にした心理サスペンスです。

勝ちにこだわる弁護士・重盛(福山さん)が担当することになったのは、死刑がほぼ確実な殺人事件。容疑者は、二度目の殺人を犯した男・三隅(役所さん)。

三隅の供述は会うたびに変わり、動機は一向に見えてきません。やがて浮かび上がってきたのは、被害者の娘・咲江(広瀬さん)の存在でした。なぜ殺したのか? 本当に殺したのか?

二度の殺人を犯した男の深い闇。その先に待ち受ける三度目の殺人とは……?

 

映画史に残る心震える心理サスペンス! 『三度目の殺人』は9月9日(土)公開です。

※ (c)2017『三度目の殺人』製作委員会

【関連記事】