出演者が大号泣…“母ちゃん”の凄さを実感

写真拡大

8月2日(水)21時より、タカアンドトシがMCを務める特番『波乱万丈!母と子の壮絶人生SP』が放送される。

同番組は、待ち行く人に声を掛け“自慢の母ちゃん”を紹介してもらうドキュメントバラエティー。今回は「オリンピック代表候補を育てた里親の母ちゃん」「施設育ちのイケメンが母ちゃんに聞きたい! なぜ僕を施設に入れたの?」「元ヤンキー母ちゃんにプロボクサーになる夢を初告白!」など、計5組の母子の絆の物語が紹介される。

収録を終え、トシは「涙の中に、笑えるエピソードがあって、笑って泣いて、泣いて泣いてまた笑って、の時間でした」と感想を。続けてタカも「2017年で一番泣きました。涙が止まらなくなって、思い出しても泣く位、(気持ちが)はまってしまいました」と絶賛した。

また“父ちゃん”の立場として、「母ちゃんに勝ってると思う瞬間、勝てないと思う瞬間はありますか?」という質問に対し、トシは「ないんじゃないですか」と返答。さらに、「母ちゃんには、勝てないですよ。お腹痛めて産んでますもん、やっぱり勝てない。うち(の子ども)はパパっこですけど、肝心な時には“ママー”ってなりますから(笑)」と語ると、タカも「子どもは一番、甘い奴のところに行きますからね。だから、普段はすごくおばあちゃんに懐いているけど、ケガしたり病気になった時はママ。困った時に頼るのはママなんですよ。私のところになんか一度も来ませんよ」と嘆いた。

そのほか、番組にはゲストとして高橋英樹、渡辺満里奈、安田美沙子、志田未来が登場。それぞれからコメントが寄せられたので、以下にて紹介する。

<高橋英樹>
とにかく、母ちゃんの力は凄いなと。子どもはお母さんの力に支えられているんですね。絆の凄さを改めて感じさせられました。父ちゃんに逢いたい、って番組も作って欲しいって(収録中に)言ったんですけど、無理でしょうね。やっぱり“お母ちゃん”なんですよ。お母さんの持っている子どもへの愛情の深さって、(そこに)お父さんが入り込む隙間はない。感動して、何度か泣かされました。

<渡辺満里奈>
言葉にすることってすごく大切なんだなと感じたので、きちんと(母に)感謝の気持ちを伝えなきゃなと思いました。子どもが産まれて改めて思ったんですけど、(母に対しては)感謝しかないですね。普段から色々手伝ってもらったりもするんですが、本当に(母は)素晴らしい、感謝です。きちんと伝えたいと思います。

<安田美沙子>
(子どもが産まれる前と後では、母親に対しての)感じ方が随分変わりました。色々な時間があって、経験を経て、皆さん、お母さんになっていくんだなって。(自分は)まだお母さんになって間もないけど、自分の母もそうだったのかと思うと、ありがとうって思います。最近は素直になれなくて喧嘩ばっかりしているので、本当に素直にならなきゃと心から思いました。もっとちゃんと伝えなきゃ、後悔するぞって。

<志田未来>
誰にでもお母さんという存在があるんだと感じました。私は母とは仲が良く、他愛もない話はよくしますが、改まって感謝の言葉を伝えられていないので、「本当にここまで育ててくれてありがとう」と伝えたい。私がこの仕事を始めたのも母に勧められてですし、ここまで続けられているのも母の支えがあったからこそ。その分も含めて、感謝の気持ちをしっかり伝えたいと思いました。