大会連覇を果たしたジョナサン・ベガス(撮影:GettyImages)

写真拡大

<FedExカップポイントランキング>
米国男子ツアー「RBC・カナディアンオープン」終了時のFedExカップポイントランキングが発表され、同大会で2連覇を飾ったジョナサン・ベガス(ベネズエラ)が59人抜きとなる、ランキング28位にジャンプアップを果たしている。
【関連動画】石川遼のスーパーイーグル!なが〜いバックスピンで…
ベガスとプレーオフを争ったチャーリー・ホフマン(米国)も24位から12位に順位を上げている。また、ランキング上位に変動はなく、松山英樹は3位をキープしている。
今大会で6戦連続の予選落ちを喫した石川遼は171位と変わらず。岩田寛は2ランクダウンの198位としている。
【FedExカップポイントランキング】
1位:ジョーダン・スピース(2,579point)
2位:ダスティン・ジョンソン(2,359point)
3位:松山英樹(2,204point)
4位:ジャスティン・トーマス(2,060point)
5位:ジョン・ラーム(1,718point)
6位:リッキー・ファウラー(1,634point)
7位:ブルックス・ケプカ(1,629point)
8位:ダニエル・バーガー(1,573point)
9位:ブライアン・ハーマン(1,492point)
10位:ケビン・キスナー(1,474point)
28位:ジョナサン・ベガス(973point)
171位:石川遼(137point)
198位:岩田寛(76point)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
ローリー・マキロイが長年の“相棒”とのコンビを解消
松山英樹は世界3位でWGCへ 世界ゴルフ選手権3連勝&連覇かかるDJがトップを独走
石川遼が語る コーチの必要性とネットでの批判的なコメントについて
【記者の目】全英で見られる全米OP覇者の日本発アイアン