GKシュチェスニ、「新人儀式」でジャスティン・ビーバーを披露

写真拡大

今夏、アーセナルからユヴェントスへ完全移籍したポーランド代表GKヴォイツェフ・シュチェスニ。

27歳になった守護神はすでにユーヴェのゴールマウスに立ち、試合にも出場している。そして、先日には新人恒例の儀式も体験していた。

チームメイトたちの前での歌披露だ!シュチェスニが選んだのは、ジャスティン・ビーバーの「Love Yourself」。

このパフォーマンスは地元ポーランドでまずまずの評価を得られていたようだ。

なお、ユーヴェはトッテナムとの親善試合を経て、来月13日にラツィオとスーペルコッパを戦う。