広瀬すずと福山雅治

写真拡大

映画『三度目の殺人』の完成披露試写会が7月31日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、福山雅治、役所広司、広瀬すず、斉藤由貴、吉田鋼太郎、満島真之介、是枝裕和監督が出席。初対面だった広瀬に周囲から「甘酸っぱくなる」と前印象を聞いていた福山は、当初「まさか」と受け流しつつも対面するや本当に甘酸っぱさを感じた驚きのエピソードを語った。

『三度目の殺人』完成披露試写会、その他の写真

是枝監督が初めてサスペンスに挑んだ本作は、死刑確定と思われていた容疑者・三隅(役所)の弁護を引き受けた弁護士の重盛(福山)が、事件の真相を追う内に深い闇に絡め取られていく様を描いた法廷サスペンス。

この日はレッドカーペットと舞台挨拶が行われ、一同正装で登壇。舞台挨拶ではシリアスな現場とは一転、撮影の合間に福山、吉田、満島の3人で飲みや激辛ラーメンを食べに行ったエピソードが語られ、吉田は「基本的に3人は飲んべえなので、よく行きましたね」と意気投合し、和気あいあいと過ごしていた一コマを紹介。

その一方、本読みで福山と初対面した印象について吉田は「ちょっと嫌な奴だなと。目も合わせてくれないし挨拶以外、ひと言も口を聞いてくれなかったし、スターだからこういう人なんだと思って。この人とこれから2ヵ月一緒にやると思うとたまったもんじゃなかったです」と冗談めかしながらも大胆に振り返る一幕も。

とはいえ、これはお互いに人見知りが原因だったそうで、吉田が福山に「緊張されてんじゃないかな?」と改めて尋ねると、福山は「すごく緊張していました。基本、人見知りなんです。人見知りが似合わない年齢にもなってきているんですけど…」と申し訳なさそうにコメント。さらに福山が「僕の中では鋼太郎さんも本当は人見知りなんじゃないかなと。人見知りシンクロというか…」と推測すると、吉田も「そうなんです、僕も人見知りなんです」と語り、お互いに苦笑いだった。

また、同じく初対面だった広瀬の印象について、福山は「事前に是枝監督やリリー(・フランキー)さんから『とにかく広瀬すずちゃんに会うとスタッフもみんな甘酸っぱい気持ちになる』と聞いていて」と紹介。「ほかにも色んなかわいい子や綺麗な人がいるからそんな、と思っていたんですよ」と前置きしつつ、「でも、実際お会いしたらまぁ甘酸っぱくなるんですよね。何なんでしょうね」と広瀬の不思議な魅力に舌を巻いていた。

『三度目の殺人』は9月9日より全国公開となる。
(text&photo:中村好伸)