南アルプスにある「天空のお花畑」  高山植物とライチョウも堪能 8月末まで

写真拡大 (全5枚)

世界遺産と並ぶといわれるユネスコ認定エコパークには、国内で9地域が指定されている。その1つが「南アルプス」で、2017年は7月16日に山開きを迎えた。8月末ごろまで、40種以上もの高山植物が見頃となるのに加え、特別天然記念物のライチョウも必見だ。

南アルプスは、富士山に次ぐ日本で2番目の高さを誇る北岳(3,193メートル)や赤石岳(3,121メートル)などからなる。静岡・山梨・長野の3県にまたがっていて、3,000メートル以上の名峰が13座も有する。加えて、貴重な動植物の宝庫としても知られ、「シナノキンバイ」「ハクサンイチゲ」と「クロユリ」「タカネビランジ」いった高山植物、特別天然記念物「ライチョウ」も見ることができる。

おすすめなのが、珍しい高山植物が咲き誇るお花畑の真ん中を通る登山道「天空のお花畑」は、国内で珍しいスポット。高山植物が両側に広がる一面のお花畑は、晴れた日は特に絶景となる。また、ライチョウのほか、ホンドオコジョなどの動物にも遭遇できるチャンスがあるのも、南アルプスならではといえる。

ほかにも、長さ80メートル、高さ30メートルの井川湖上にかかる“夢の吊橋”では、湖面を眼下に見下ろすスリルと絶景が体験できる。井川ダム建設当時に使われていた鉄道の廃線跡を利用した遊歩道からも、井川湖の美しい眺めが楽しめる。

南アルプスおすすめのロッジ、「二軒小屋ロッジ」では、地元食材を使ったディナーコースが味わえるほか、登山の拠点となる「椹島ロ(さわらじま)ロッジ」なども絶景の山小屋として登山客の人気が高い。「南アルプス赤石温泉白樺荘」は露天風呂から望む南アルプスの景色が素晴らしく、宿泊・日帰りともに利用できる。

「天空のお花畑」へは、バスのしずてつジャストライン南アルプス登山線が8月27日まで運行されている。事前予約制。車でもアクセスできるものの、畑薙第一ダムからは山小屋宿泊客対象の無料送迎バス利用もしくは徒歩となるので注意。南アルプスへは登山用の装備も必須となっている。

南アルプス観光情報
http://nanpusu.jp/index.html

南アルプス登山情報
http://www.city.shizuoka.jp/000_004434.html