奈良くるみは1回戦で元世界9位のペトコビッチに敗退 [シティ・オープン]

写真拡大

「シティ・オープン」(WTAインターナショナル/アメリカ・ワシントンDC/7月31日〜8月6日/賞金総額25万ドル/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、奈良くるみ(安藤証券)はアンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)に4-6 6-7(5)で敗れた。試合時間は1時間36分。

 今大会に2年ぶり3回目の出場となった奈良は、初出場だった2014年に決勝進出を果たし、スベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)に3-6 6-4 4-6で敗れて準優勝。翌年は1回戦で、ユリア・プティンセバ(カザフスタン)に6-4 4-6 6-7(4)で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。29歳のペトコビッチはWTAツアー通算6勝を挙げており、2011年10月には世界ランク自己最高の9位をマークしている。

 ペトコビッチは2回戦で、第8シードのクリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)とユージェニー・ブシャール(カナダ)の勝者と対戦する。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンDC)の1回戦でアンドレア・ペトコビッチに敗れた奈良くるみ(ウィンブルドンでのもの)