関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『僕たちがやりました』でシャワーシーンに挑戦した窪田正孝 (C)関西テレビ

写真拡大

 俳優の窪田正孝が主演する関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『僕たちがやりました』(毎週火曜 後9:00)の第3話場面カットが公開された。今回、シャワーシーンで窪田の筋肉質かつ均整の取れた肉体美も披露される。

【写真】葉山奨之の女装姿

 写真は川栄李奈演じる伊佐美(間宮祥太朗)の彼女・今宵のアパートでのワンシーン。人生初だったという“お尻出し”もあるそうで「十数年役者をやってきて、恥ずかしいとか一切なくなりました」と動じることなく撮影に臨んだ窪田。一方、川栄が「キスシーンもたくさんある」という通り、2人の身体を張った演技にも注目だ。

 同ドラマは人生“そこそこ”で生きていければいいと思っていたトビオ(窪田)とその仲間・伊佐美、マル(葉山奨之)、高校OBのパイセン(今野浩喜)が、向かいにある高校の不良にマルをボコボコにされたのをきっかけに、復しゅうしようとイタズラ心で仕掛けた小型爆弾が、謎の爆発事件に発展。突然彼らは“爆破事件の容疑者”となってしまう…という“青春逃亡サスペンス”。

 第3話では、罪の追及を恐れて海外逃亡を図るものの、目の前でパイセンが逮捕されたことで、追い詰められていくトビオたちの逃亡生活が描かれる。逮捕されることへの恐怖心から自暴自棄になり、“死ぬまでにやりたいこと”をすべて書き出し、欲求を爆発させていくトビオとマル。同じ頃、パイセンは警察で飯室(三浦翔平)の取り調べを受けていた。飯室は矢波(やば)高の教師・熊野(森田甘路)の証言などから、共犯者がいると確信。パイセンを厳しく問い詰めるが…。

 カラオケボックスでトビオと待ち合せたマルが、素性を隠すため女装をしてトビオの前に現れるシーンの写真も公開。窪田に負けじと、体当たりで挑んだ葉山。撮影の合間にはスタッフから「かわいい! 似合っている!」と、大絶賛されていた。